急な出費に困ったときは?よくあるパターンと対処法を解説!

お金の悩み

急な出費が発生して困っている…。

上記のように悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

思いもよらない突然の出費が原因で「お金が無くなってしまった」ということも考えられます。

急な出費のせいで計画的にためていたお金も突然無くなってしまうでしょう。

本記事では、急な出費が発生したときの対処法について徹底解説していきます。

今回お伝えする内容をしっかりと抑えることによって、これから先急な出費が起きたとしても焦ることは無くなります。

対処法をしっかりと理解して、急な出費に備えていきましょう!

急な出費でよくあるパターン6選

落ち込む-悩む-女性

まず急な出費でよくあるパターンとして次の6つがあげられます。

  1. 急な飲み会の誘い
  2. 予期せぬ病気・怪我
  3. 家電の故障
  4. 旅行費
  5. 冠婚葬祭
  6. 公共料金・税金の支払い

では順番に見ていきましょう。

①急な飲み会の誘い

学生や社会人でも多いのが、「急な飲み会」での出費です。

人付き合いのために断れないケースも多いですよね。

その時に断れずにお金がないのにもかかわらず飲み会に行くことも考えらえれます。

人付き合いを大切にしている人は特に多いパターンです。

②予期せぬ病気・怪我

予期せぬタイミングで怪我、また病気に苦しむと、その治療費で出費が発生してしまいます。

普段から健康を維持しておく、事故に気をつけておく…など出来ることはありますが、それにも限界がありますよね。

怪我や病気は、レジャー資金とは違い、命にかかわるお金なので、この出費は仕方ないですよね。

③家電の故障

家電が壊れて、買い換えるのも痛い出費です。

生活に関わる家電の故障、または携帯電話の故障など、買い換えるのを避けられない種類の家電が壊れると痛い出費です。

それに、出費のなかでは比較的高額な類なので、家電の故障は恐いです。

④旅行費

行先は旅行の日数によって費用は変わってきますが、旅行をすることで大きな出費となります。

宿泊費や交通費なども必要になりますよね。

また旅行は周りとの付き合いもあるため、なかなか断ることも難しく、避けることが難しい出費です。

⑤冠婚葬祭

冠婚葬祭は急な出費の定番です。

出席するだけで出費が発生する冠婚葬祭。

20代の若者なら、たとえ葬儀の香典5000円でも痛いです。

しかもこれが立て続けになると、さらに出費が重なります。

冠婚葬祭は、他の出費よりさらにタイミングが読めないもの。

しかも関係性で出費が膨らむ可能性があるという怖さもあります。

⑥公共料金・税金の支払い

出費がかさんだ月は、月々の公共料金や税金の支払いすら苦しい月があるもの。

とはいえ、公共料金を払えないとライフラインはストップしますし、税金を滞納するわけにもいきません。

ある意味、他の出費よりあなたの生活を苦しめる要因となるかも…。

急な出費をした時の対処法4選

審査-いいね

急な出費をして焦っている人のために対処法を4つ紹介します。

  1. 周りからお金を借りる
  2. クレジットカードのキャッシング機能を使う
  3. 日雇いアルバイトをする
  4. カードローンで融資を受ける

順番に見ていきましょう。

①周りからお金を借りる

まず1つ目の対処法として、親や友人からお金を借りるという対処法です。

あなたのことをよく理解している親や友人であれば、お金を貸してくれる可能性も高くなるでしょう。

ただ「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もある通り、お金を借りることで人間関係が悪化することがあります。

もし周りからお金を借りるのであれば、人間関係が崩れてしまう可能性もあるということを理解しておきましょう。

人間関係を壊さないために必要なのは、絶対に期限内に借りたお金を返すということです。

必ず返済をするという強い誠意を見せることができれば、困っているあなたのためにお金を貸してくれるでしょう。

契約書などを用意して、お金を借りた証拠をしっかりと残して返済をするようにしてくださいね。

②クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカードを持っているなら、いくつか急な出費の対策が思いつきます。

まず、クレジットカードのキャッシング機能、キャッシング機能を使うことで「カードローン」と変わらない使い勝手でお金を借りることができます。

急な出費で買い物できないその悩みも、スーパーやお店の支払い時にカード支払いを行うことで、問題なく買い物を楽しむことができます。

食品だって、服だって家電だって、クレジットカードで購入できるのです。

③日雇いアルバイトをする

近年では日雇いアルバイトをする人も増えています。

社会人であっても副業が許されているところも多いですよね。

もし副業をしてもいい環境なのであれば、日雇いアルバイトをしてお金を手に入れましょう。

日雇いアルバイトはその日に給料がもらえることもあります。

急な出費をしてしまった場合はとても助かりますよね。

下記に稼げるアルバイトの記事をまとめていますので参考にしてみると良いでしょう。

→面白い稼ぎ方50選!これだけでも生活できる?ちょっと変わった仕事一覧

④カードローンで融資を受ける

20歳以上であれば、カードローンで融資を受けることをおすすめします。

カードローンは急な出費をしてしまった人が利用していることが多く、即日融資を受けられるカードローンもあるのです。

カードローンには大きく分けて「消費者金融」と「銀行カードローン」の2種類があります。

それぞれ特徴が異なりますので、自分に合ったカードローンを選んで利用するようにしましょう。

急な出費におすすめの消費者金融5選

スマホ-女性-笑顔

消費者金融は審査が通りやすく、即日融資も可能なところが多いといった特徴があげられます。

急な出費におすすめの消費者金融はいくつかあります。

その中でもおすすめの大手消費者金融として、次の5つがあげられます。

  • レイクALSA
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

順番に紹介していきます。

レイクALSA

レイクALSA

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 即時仮審査
融資 最短即日

レイクには初回限定で「無利息サービス」を利用することができるため、キャッシングの中でも人気が高いです。

1つは「初回限定で30日間無利息サービス」、もう1つは「初回限定で180日間無利息サービス」があり、申込者の希望でどちらかを希望することができます。

後者の180日間無利息サービスに関しては、適用される借入限度額が上限5万円以内と決まっています。

5万円以上の借り入れには通常の金利が適用されてしまいますが、5万円の範囲内なら利息0円でおよそ半年間も、好きなだけ借り入れと返済をすることができるのはレイクALSAだけのメリットです。

レイクALSAは即日融資に対応!即日融資対応時間は?借入方法は?

プロミス

220606‐プロミス

実質年率 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査・最短30分融資

SMBCグループの大手消費者金融「プロミス」(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は、CMや広告でご存知の方も多いのではないでしょうか。

プロミスの無人店舗「自動契約コーナー」は、東京だけでなく全国に約1,000台あるので見つけやすい方ですが、実は三井住友銀行の「ローン契約機」からも申し込みが可能です。

合わせると、プロミスの申し込みができる自動契約機は全国に約1,700台もあります。

ただもちろんインターネットからの申し込みも対応が早いので、こちらもおすすめです。

プロミスから即日借りるには何時までに申し込みが必要なのか?

アコム

アコム

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査

三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融「アコム」は、歴史が長く最大手と言えるのではないでしょうか。

アコムの自動契約機も約1,200台あり、どの時間帯も急な出費に対応しやすいのですが、さらに注目すべきはアコムの新規貸付率です。

2017年2月現在で新規貸付率が「46.6%」(キャッシング第1位)もあるので、他社よりも審査に通りやすいというメリットがあります。

アイフル

アイフル

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/お急ぎの方は電話を掛ければ優先審査!

アイフルは現在も独立した消費者金融ではありますが、大手消費者金融として他社に劣らないキャッシングを利用できます。

特に、審査申込後に専用ダイヤルへ電話を掛けることで、優先して審査を開始してくれるのは嬉しいポイントです。

アイフルの自動契約機は無人契約でんわBOX「てまいらず」といい、専門のオペレーターと通話しながら申し込むことができるので、初めての方も安心です。

アイフルで即日融資を受けられるのは何時まで?借り入れの流れを解説!

SMBCモビット

SMBCモビット

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 10秒簡易審査

大手消費者金融「SMBCモビット」は、顧客満足度の高い消費者金融です。

2016年に「オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン」で、プロミスやアコムを退けて第1位となっており、非常に人気の高いキャッシングであることがわかります。

特に「借り入れのしやすさ」や「申し込み手続き」で高い評価を得ており、急な出費への対応もしっかりしていることがわかります。

SMBCモビットで即日融資を受ける2つの方法!土日も即日対応可能

急な出費におすすめの銀行カードローン3選

スマホ-女性-笑顔

銀行カードローンは低金利で借りられるため、ぜひ利用するべきカードローンです。

ただ消費者金融に比べると、審査が厳しいことや審査に時間がかかるといった特徴があります。

今回は銀行カードローンの中でもおすすめのカードローン3社をまとめました。

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

順番に見ていきましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 10万~500万円
審査スピード

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンです。

特徴として、メガバンクのカードローンでありながら審査スピードが非常に早いことがあげられます。

またはじめての方は55日間無利息で利用ができるため、短期的に返済を考えている人にはぴったりのカードローンといえるでしょう。

お得にお金を借りたい方はバンクイックを利用することをおすすめします。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0~14.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード

名前の通り三井住友銀行が取り扱っているカードローンで、「バンクイック」と同様、低金利な銀行カードローンです。

同じようにローン専用カードを発行することもできますが、三井住友銀行の口座をお持ちであればキャッシュカードを利用することができます。

キャッシュカードにキャッシング機能を追加することができるので、審査完了後にすぐ借り入れすることができて急な出費にも対応しやすいです。

みずほ銀行カードローン

金利 年2.0~14.0%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード

みずほ銀行カードローンも、他の都市銀行カードローンと同じく借りやすい設定が組まれています。

すでにみずほ銀行の口座を持っており、みずほ銀行のキャッシュカードが手元にあるならば、なおさらスムーズに、時間をかけずにお金を借り入れることができます。

みずほ銀行の住宅ローンでお金を借りている人は、適応金利からさらに0.5%引き下げが行われるのもメリットです。

急な出費に備えてやっておくべき行動


急な出費で本格的に悩む前に、あなたは前もって急な出費に対策しておくべきです。

具体的にどんな対策をしておくべきか?

急な出費対策をいくつかご紹介します。

節約をしておくする

今後急な出費に対応できるほどのお金を普段から残しておくには、「生活の中で使っているお金を減らす」のが有効です。

実は普段の生活を見直してみると、まったく必要ない無駄なお金をたくさん払っているものです。

無駄を減らして、普段から使えるお金を蓄えておき、読めない急な出費に対応しましょう!

スマホ代

多くの人が、スマホ代に無駄にお金を使っています。

俗に言う3大キャリアの携帯を使っている人は、キャリアを格安スマホに変えることで、出費を大きく減らすことができます。

実際私も格安スマホを使っていますが、電波も悪くないしまったく不都合がありません。

面倒くさいからという「現状維持バイアス」に惑わされないようにしてください。

食費

人間、何も食べないと死んでしまうものの、食べ物を無駄に食べないだけでは死にません。

外食を減らす、お昼ご飯をお弁当に切り替えるなど、細かい努力で普段の食費は簡単に減らすことができるはずです。

私のイメージでは、お金に困っている人ほど、食に無頓着です。

「急な出費用貯金」を作っておく

貯金しておくことと繋がりますが、前もって「急な出費が出た時用の貯金」を作っておくのは有効です。

今後起こりうるあらゆるケースの急な出費。

この急な出費が起きた時用の貯金をしておけば、たとえどんなケースの急な出費に見舞われたとしても、問題なく対応することができます。

転職する

急な出費に対応できないのは、単純に普段もらっている収入が少ないからかもしれません。

今もらっている収入以上の収入がもらえる職場へと「転職」、という選択で問題は解決するかもしれません。

転職サイト、転職エージェントを利用して効率的な転職活動を行ってください。

いつでもお金を借りられるようにしておく

カードローンなどに登録をしておいて、いつでも融資が受けられる状態を作っておくことがベストです。

事前にカードローンでお金を借りられるようにしておくことによって、急な出費にも対応ができます。

「即日融資ができるからその時申し込めばいいや」と思っている人もいるかもしれませんが、その考えは危険です。

確かに、消費者金融であれば即日融資に対応しているところもありますが、審査状況によっては審査に時間がかかってしまうことも。

必ずすぐに融資が受けられれるという訳ではありませんので注意しましょう。

そのため急な出費があったとしてもいつでも対応ができるように、事前にカードローンの申し込みを済ましておきましょう!

【まとめ】急な出費があったときは慌てず対処しよう!

女性-カードローン-笑顔

生活するうえで急な出費は必ず経験をすることです。

対処法さえ理解しておけば急な出費があったとしても、慌てずに済みます。

急な出費があったときの対処法を改めてまとめました。

  1. 周りからお金を借りる
  2. クレジットカードのキャッシング機能を使う
  3. 日雇いアルバイトをする
  4. カードローンで融資を受ける

特にカードローンから融資を受けることが一番手っ取り早くお金を手に入れることができるでしょう。

もし急な出費があった場合は、カードローンを利用するようにしてくださいね。

急な出費に備えて対処していきます!

 

今回紹介した内容をしっかりと理解をしておけば、急な出費があっても大丈夫だよ!