プロミスの審査は甘い?審査通過のコツや落ちる人の特徴を解説!

プロミス

プロミスの審査は甘いの?

このようにこれからプロミスを利用したいと考えているけど審査が通過できるか不安と考えている人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、プロミスの審査は特別厳しいという訳ではありません。

ただし、プロミスの審査について理解をしておかなくては審査落ちしてしまうでしょう。

審査に落ちないためにも事前にプロミスについて理解しておく必要があります。

本記事では、審査通過するためのコツや審査落ちしてしまう人の特徴など詳しく解説しています。

紹介する内容を理解することができればプロミスの審査に受かりますよ。

ぜひこれからプロミスで融資を受けたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

プロミスの基本情報

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
収入証明書類
50万円以下は原則不要
無利息期間
初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレスとweb明細の利用登録が必要
区分
消費者金融
即日受付
原則24時間申し込み可能
審査時間
最短30分
担保・保証人
不要
用途
生活費全般
貸付条件
18歳以上69歳以下の安定した収入のある方

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの特徴として、最高金利が他より少しだけ少ない17.8%という点です。

通常、多くの消費者金融では、10万~100万円の貸付において貸金業法で設定する事のできる金利の最高額である18.0%を最高金利として設けています。

それに対し、プロミスは最高金利である18.0%から少し低い17.8%という最高金利を設けているのが特徴です。

またプロミスは即日融資にも対応しているため、平日の即日対応時間帯に申し込めば申し込んだその日に融資を受ける事が可能です。

審査にかかる時間も最短30分と短く、お急ぎで融資の必要な方にも重宝されています。

そしてプロミスは大手消費者金融でありメディア露出等も相まって高い知名度を誇っています。

くわえてプロミスでは、通常の電話窓口の他に女性専用窓口レディースコールを設置する、24時間365日何時でも申し込めるインターネット完結申し込み窓口を設置する等申し込みやすい環境作りに尽力しています。

これらの事からプロミスははじめて消費者金融を利用しようという方にお勧めの会社となっています。

プロミスの審査は厳しい?

女性-笑顔-うれしい

プロミスは銀行系カードローンに比べると比較的審査ハードルが低いという点があげられます。

プロミスの審査通過率は37.6%と10人に3~4人が審査に通過してます。

また、融資を受けるときは正社員でなくては融資を受けられないというところもあります。

一方、プロミスはパートやアルバイトであっても審査に通過することが可能です。

このように審査基準に満たしている人であれば融資を受けられることから審査が比較的通りやすいといわれています。

プロミスは利用しやすいカードローンといえるわけですね。

もちろん誰でも利用できるわけではない点に注意しましょう。

プロミスのカードローン審査基準は?

女性-はてな-?

プロミスの審査で見られる情報は主に「属性」と「信用情報」の2つ。

これらの情報が審査基準を満たすことができれば、プロミスのカードローンでの借りることが可能になります。

属性

属性とはその人の「年収」「勤務先」「勤続年数」などをまとめたものを指します。

属性で見られていることは「返済能力が高い人なのか」を見られています。

ただ、先ほどもお伝えした通りプロミスでは雇用形態などはあまり気にしておらず、安定した収入があれば審査に通りますよ。

信用情報

次の審査で見られているところは信用情報です。

プロミスなど大手消費者金融はこの信用情報に問題があった時点で審査に落とすことになるでしょう。

信用情報では今までの返済状況や現在の借り入れ状況が見られます。

返済が遅れたという返済遅延の情報が残っていれば、債務整理で返済額の減額を行った情報が残っていたらそれは審査に不利です。

返済能力が低い人に融資はしたくありませんよね。

信用情報は絶対に傷をつけないようにしましょう!

また短期間にプロミス以外の消費者金融に多数申し込んでいたとしたら、その情報も審査で不利となってしまいます。

短期間で消費者金融に多数申し込んでしまうと「お金に本当に困っている」と判断されてマイナスのイメージを与えてしまうからです。

なるべく印象をよくするためにもプロミス一本で審査に申し込むようにしてくださいね。

プロミスの審査に通らない人の特徴10選

落ち込む-悩む-女性

プロミスは消費者金融の中でも審査基準が高くないですが、下記の項目をおろそかにしていると審査に通らないこともあるようです。

1つずつ確認していきましょう。

  • 18歳未満であるor70歳以上である
  • 安定した収入がない
  • 利用額が総量規制をこえている
  • 事故情報が記録されている
  • 他社借り入れがすでに多い
  • 多重申込をしている
  • 在籍確認がきちんと行えなかった
  • 申込内容に虚偽の申告があった
  • 過去5年以内に債務整理を行った
  • 過去に三井住友銀行グループやプロミスでトラブルがあった

①18歳未満または70歳以上

プロミスの申込条件では、フリーキャッシングを利用できるのは「18歳以上69歳以下の方」となっています。

これは消費者金融であればどこもだいたい同じです。

そのため、18歳以下の方で会社員の方は、十分な収入があってもプロミスからお金を借りることはできません。

未成年の場合は、親権者の同意書が必要になるからです。

仮に69歳の方がキャッシングを利用している間に70歳になった場合、それ以降はキャッシング利用ができなくなって返済のみの取引となります。

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

②安定した収入がない

安定した収入というと「年収数百万円以上」という誤解をまねくかもしれませんが、プロミスのキャッシングを利用するのに年収の高さはそこまで必要ありません。

毎月一定の継続した収入が求められているので、月給5万円でもアルバイトの方が少額キャッシングが可能です。

また勤務年数も重要になります。

現在の仕事に就いてから最低でも3か月以上、できれば6ヶ月、1年以上の勤務実績があると、審査に通りやすくなります。

③キャッシング利用額が総量規制をこえている

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、総量規制というのは「貸金業者は利用者に年収の3分の1をこえる借り入れをさせてはならない」とする貸金業法の1つです。

プロミスを含め消費者金融には総量規制が適用されるため、もしプロミスで申し込んだ借入額が自身の年収をこえていたら審査に落ちることがあります。

借入希望額が年収の3分の1をこえていないか、事前によく確認をしてから申し込むようにしてくださいね。

④事故情報が記録されている

お札,破れた,女性

消費者が金融機関と取引を行って記録された「信用情報」のうち、金融トラブルが元で記録されたものを「事故情報」と呼びます。

キャッシングでは毎月返済をしなければならないものですが、利用者の中には返済が遅れてしまったり、延滞してそのまま放置してしまう方もいます。

返済の延滞は3か月以上長期にわたる延滞か、数か月以内の頻繁な延滞を行うことによって記録されてしまうので、遅延損害金を積み重ねないためにも、返済は毎月きちんと行わなくてはいけません。

⑤他社借り入れがすでに多い

プロミスへ申し込む以前に、すでに他社のキャッシング利用がある場合、審査に通らないことがあります。

具体的には、他社キャッシング利用が4社以上ある状態で新たに借り入れの申し込みをするのは、審査に落ちる確率が非常に高くなってしまうことが知られています。

他社借り入れの情報は、信用情報にも記録されてごまかすことはできないため、おまとめローンを活用するなど、別の選択肢も検討する必要があります。

他社からの借り入れが、審査にどれくらい影響をおよぼすのか?その詳しい解説は、「他社借り入れは審査結果に影響するのか?借り入れ審査基準が甘いキャッシングはあるのか」の中でしています。

こちらも参考にしてください。

⑥多重申込をしている

1週間から1ヶ月以内に、何社にも申し込みをすることを「多重申込」と呼びます。

消費者にとっては「どこか1社でも審査に通れば…」という安易な気持ちかもしれませんが、他社への申し込みは信用情報でキャッシング業界に知れ渡ってしまいます。

そうなると、他からも借り入れをしてしまった場合に返済できるかどうかがわかりづらいため、審査に通りづらくなってしまいます。

⑦在籍確認がきちんと行えなかった

審査では申込者の勤務先を確認するために、審査の後半で「在籍確認」を行いますが、この確認がきちんとできないと審査に通ることができません。

そのため、申し込みに適当な勤務先を入力すれば審査には通れないのはもちろん、勤務先が休業の日にも在籍確認が行えないので要注意です。

在籍確認の電話に本人が出る必要はまったくありませんが、会社の誰かが出られる日にちや時間帯に申し込む必要があります。

⑧申込内容に虚偽の申告があった

インターネットや自動契約機で申し込みをした内容に、明らかに嘘をついている内容があれば審査に落ちてしまいます。

プロミスでの申し込みは基本的に自己申告となっていますが、例えば明らかに年収が高すぎるとわかるような数字だったりすると、収入証明書類の提出を求められます。

もしそこで書類と明らかに違いがあれば、最悪事故情報として信用情報に記録されるリスクもあるので、申込内容は正直に入力するようにしましょう。

⑨過去5年以内に債務整理を行った

法的手続きでキャッシングの金利をカットしたり借入残高を減額するものを「債務整理」と呼びますが、債務整理は事故情報として記録されます。

1度記録されれば、少なくとも5年~10年は信用情報上に記録が残り続けるので、その期間は金融機関の審査に通れないと考えておきましょう。

仮に5年経っても、借入残高がなくならない限りは借りられません。

➉過去に三井住友銀行グループやプロミスでトラブルがあった

信用情報に記録されていなかったとしても、同じグループでトラブルを起こしていれば何かしらの記録が残されてしまっている可能性があります。

もし過去に同グループで問題を起こしていた場合は、プロミスを利用するのは難しいかもしれません。

プロミスの審査に通過しやすくなるコツ4選

女性-カードローン-笑顔

プロミスの審査に通過するためにはいくつかのコツがあります。

下記5つのコツを意識するだけで審査通過率がぐんと上がりますよ。

  • 借り入れ希望金額を少額にする
  • 利用用途の伝え方に気を付ける
  • 一社に絞ったカードローン審査申し込みをする
  • 同居人を作る

では順番に見ていきましょう!

借り入れ希望金額を少額にする

プロミスの審査に通過しやすくなるコツ1つ目に「借り入れ希望金額を少額にする」という点があげられます。

借入希望額が高くなればなるほど審査のハードルは上がるため、審査落ちしやすくなってしまいます。

プロミスの審査に通りたいのであれば、プロミスからの借り入れ希望金額を少しでも少ない金額を希望しましょう。

多額の融資を受ける必要がないのであれば「5万円」程度の希望金額と伝えてください。

限度額が低ければ、プロミスが感じる貸し倒れリスクが下がるため、審査も通りやすくなりますよ。

利用用途の伝え方に気を付ける

プロミスの審査に通過しやすくなるコツ2つ目に「利用用途の伝え方に気を付ける」という点があげられます。

プロミスへ融資を申し込む際は「利用用途」を聞かれます。

利用用途次第で審査基準が高くなってしまうことがありますので、注意が必要です。

具体的に言うと、利用用途で下記のような内容を伝えると審査に落ちやすくなってしまいます。

  • ギャンブル目的
  • 投資・株目的
  • 生活費目的

このような内容を記載すると審査に落ちてしまうでしょう。

審査に落ちる理由は返済能力が低いと判断されてしまうからです。

おすすめの利用用途の伝え方は「旅行費」や「資格取得費」と伝えることをおすすめしています。

なるべくイメージをよくするためにも利用用途にはこだわって申請するようにしてくださいね。

一社に絞ったカードローン審査申し込みをする

プロミスの審査に通過しやすくなるコツ3つ目に「一社に絞ったカードローン審査申し込みをする」という点があげられます。

短期間で複数のカードローンに一気に申し込みをしてしまうと審査に落ちやすくなります。

その理由は、複数社申込みを行うことで、消費者金融から「お金に困っている」と思われるからです。

複数のカードローンに申し込むことは効率的で審査に通過率を上げることができると思われがちですが、逆効果になりますので、十分注意するようにしてくださいね。

プロミス一本にしぼることで審査のハードルが上がることはありません。

少しでも審査に通過するためのコツとして、申し込みは一本化するということを覚えておきましょう。

同居人を作る

プロミスの審査に通過しやすくなるコツ4つ目に「同居人を作る」という点があげられます。

同居人がいることによって、返済能力が高いと判断されます。

また結婚していると「社会的信用」が高まり、審査が通りやすくなるのです。

家族と同居をしていても審査に通りやすくなりますので、結婚する予定がない人は家族と同居すると良いですよ!

プロミス申し込み・審査・借入の流れ

医療費控除とは,わかりやすく,女性

プロミスは申し込み方法によって流れが変わります。

プロミスの申し込みの流れは次の3つです。

  • WEB申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送申し込み

では順番に見ていきましょう!

WEB申し込み

WEBの申し込みの流れは次の通りです。

  1. WEBで申し込み
  2. 申し込み情報から審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 借入開始

審査に通過した後はWEBか来店での契約手続きとなります。

その際にローンカードが必要かどうか選択が可能です。

ローンカードが必要なければWEBですべて完結しますので、ローンカードが必要ない人はWEBで申し込むことをおすすめします。

電話申し込み

電話での申し込みの流れは次の通りです。

  1. 電話で申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 借入開始

電話で申し込みをおこなう場合9時~21時までの間に電話をする必要があります。

それ以外の時間に連絡してしまうと営業時間外になるため、対応ができなくなるというとこを覚えておきましょう。

郵送申し込み

郵送で申し込みをする流れは次の通りです。

  1. 必要書類を郵送
  2. 審査結果の連絡
  3. 契約書とカードが送付される
  4. 借入開始

郵送を希望する場合は申込書を取り寄せる必要があります。

取り寄せ方法はWEBもしくは電話での取り寄せになります。

また、店頭にも申込書は置いてありますので、自分に適した方法を選択してくださいね。

プロミスはさまざまな借り入れ方法がある

女性-カードローン-笑顔

プロミスはさまざまな借り入れ方法があります。

大きく分けて次の3つがあげられます。

  • 店頭でら借り入れ
  • ATMから借り入れ
  • ネットから借り入れ

では順番に見ていきましょう。

店頭で借り入れ

申し込みを終えたらあとは実際にキャッシングです。

自動契約機からカードを発行して、提携ATMからお金を借入れる。

またはネットから自分の口座を指定して振込キャッシング。

自分に合わせた方法でお金を借入れてください。

ATMから借り入れ

プロミスの自社ATM、または三井住友銀行ATM、提携ATMを使って借り入れ可能です。

提携ATMにはいくつか種類があります。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net

これらのATMを使えるので、場所で困ることのない借り入れが可能なはず。

問題は借り入れ一回の借入額が1万円ならば手数料110円。

1万円以上の借入れならば220円の手数料がかかってきます。

もちろんプロミスのATM三井住友銀行ATMならば利用手数料は無料です。

ネットから借り入れ

プロミスはカードレスでキャッシング可能なWeb完結サービスに対応しています。

Web完結サービスのメリットは多いです。

カードレスでパソコン・スマートフォンから借り入れ可能。

余計な郵送物は家に届かない。

返済を口座振替で可能とかなり利便性が高いです。

(※対象金融機関は200行以上あり)

プロミスの申し込み審査に必要な書類

ネットで稼ぐ,嘘,笑顔

プロミスに申し込む際にはプロミスが決めた必要書類を提出することになります。

必要な書類は次の通りです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

順番に見ていきましょう。

本人確認書類

本人確認書類とは、本人の個人情報を確認するための書類です。

本人確認書類は次の2点のコピーが必要になります。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • マイナンバーカード※
  • 住民票
  • 健康保険証+1点(例:住民票)

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

またオンラインで口座開設をする場合は本人確認書類の提出は不要になります。

収入証明書

収入証明書はいずれか1点が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 給与明細書
  • 納税通知書

ただし、場合によっては収入証明書が不要になるケースがあります。

  • プロミスから50万円以下の借入を行う場合
  • プロミスとその他業者からの借入額合計が100万円を以下の場合

これらの場合は収入証明書を提出する必要はありません。

まとめ~審査のコツをつかんでプロミスから融資を受けよう~

家で稼ぐ,女性,お金

プロミスは審査のハードルが高いわけではありませんが、誰もが利用できるカードローンではありません。

そのため、審査に通るためにはいくつかのコツを理解しておく必要があります。

審査通過のコツを改めてまとめました。

  • 借り入れ希望金額を少額にする
  • 利用用途の伝え方に気を付ける
  • 一社に絞ったカードローン審査申し込みをする
  • 同居人を作る

コツを理解していくと同時に審査に落ちやすい人の特徴を理解しておく必要があります。

審査に落ちやすい人の特徴は次の通りです。

  • 18歳未満であるor70歳以上である
  • 安定した収入がない
  • 利用額が総量規制をこえている
  • 事故情報が記録されている
  • 他社借り入れがすでに多い
  • 多重申込をしている
  • 在籍確認がきちんと行えなかった
  • 申込内容に虚偽の申告があった
  • 過去5年以内に債務整理を行った
  • 過去に三井住友銀行グループやプロミスでトラブルがあった

これからプロミスを利用したいと考えている人は本記事で紹介したことをおさえてから申し込むようにしてください。