飲み会の費用が払えない方でも大丈夫!すぐ役立つアイデア

金欠

大人になると避けられないのが、定期的に開かれる飲み会。

友人間、会社の付き合い、初対面の人との飲み会、結婚式の二次会…。

様々なケースの飲み会が開かれて、その飲み会それぞれで会費が徴収されます。

飲み会全体としての回数は少ないとしても、個々の会で会費が徴収されてしまうと、全体でかかるお金の合計はバカにならない数字になります。

特に飲み会が重なる年末年始など、飲み会の会費だけで多くのお金が飛びます。

多くの人の頭を悩ませる「飲み会にかかる費用」問題。

今回は、私と一緒にこのお金のピンチを解決する方法を考えましょう。

飲み会はお金がかかる!

飲み会は楽しいものです。

特に気心知れた仲間と飲むお酒は格別。

普段の生活で疲れている人も、たまの飲み会ですっかり気分転換できるでしょう。

社会人としての、会社の付き合いでの飲み会も、人脈づくりなど生活のなかで欠かせない意味を持つものです。

もちろん飲み過ぎは健康被害などを考えると良くないものですが、仲間と適度にお酒を酌み交わすのは生活のなかでいい効果を産みます。

しかし繰り返しますが飲み会はお金がかかる。

毎日少しずつ節約していても、一回の飲み会で数千円~1万円飛ぶと一気にその苦労は水の泡です。

できれば安く済ませたいけど、見栄や社会的な立場の問題もありなかなか避けるのが難しいのが、この日々の飲み会です。

あなたのその悩み、私も痛いほどわかります。

飲み会の会費が払えないときの対処法

では早速、避けるのが難しい飲み会の会費、その会費が払えない時どうすればいいのかを考えていきましょう。

貯金を崩す

致し方なしです。

どうしても手持ちのお金からお金を支払うことができない時は、貯金を切り崩すしかありません。

本当はもっと大事なときにとっておきたい貯金…。

しかし「いざという時のための貯金」。

こんなときこそ使うべきでしょう。

ここで貯金を切り崩さないことによって、後々もっと大変な事態にもなりかねないからです。

いつもいつも貯金から出してるようではすぐに貯金は尽きてしまいますが、たまにならいいかな…なんて思ってしまいます。

キャッシングを利用する

すぐに自由なお金を手に入れる方法として、キャッシングサービスを上手に活用するのも手です。

「借金」と聞くと聞こえは良くないですが、カードローンやクレジットカードのキャッシング、その他お金を借りる手段をきちんと踏めば、安全に誰にも迷惑をかけることなくお金が手に入ります。

今日の飲み会、明日の飲み会の会費が足りず、今すぐでもお金が必要…なんて方でも、即日融資対応のキャッシングは結構世の中に多く揃っています。

問題なく、自分の必要な分のお金を、必要なタイミングで手に入れることができるのです。

クレジットカードのキャッシング

お持ちのクレジットカードについているクレジットカード、そのクレジットカードのキャッシング機能を利用することで、簡単にお金を借りることができます。

借り入れたお金は、月々のカード利用額を支払う際に一緒に支払うことができます。

金利は金利上限法いっぱいの20%なんてことが多いですが、何より気軽さという点ではこの「クレジットカードのキャッシング」にまさるものはありません。

消費者金融アコムが発行するクレジットカード「ACマスターカード」を使えば、即日融資でのクレジットカードキャッシング利用も可能です。

即日発行対応のクレジットカードへ申し込むことで、カード受け取り後すぐ、即日融資を受けることも可能です。

キャッシングの設定はクレジットカードごとに違うので、実際に利用する前にしっかり調べておくことをおすすめします。

カードローン

気軽に借りられるキャッシングといえば「カードローン」です。

クレジットカードのキャッシングより、「借金」の色合いが濃くなるカードローンですが、さすがお金を借りることに特化したサービスなだけあって、とても借りやすい設定が組まれています。

最近は消費者金融などが借り入れハードルを下げるために一ヶ月など限られた期間に、一切利息が発生しない「無利息期間」を設定しています。

消費者金融のカードローンでお金を借りることに抵抗があるなら、「銀行カードローン」を利用することで低金利で精神的にも借りやすいです。

上手に断る

どうして飲み会でお金を使ってしまうのか?

それは、飲み会に出席するからです。

そもそも飲み会に出なかったら、お金は一切減りません。

大人たるもの、どうしても無理な飲み会は上手に断るスキルも必要なのです。

体調不良で飲み会を断る

ベタな断り方です。

今体調が悪くてお酒を飲めない…。

今日は早く帰って休みたい…。

こう言われて「いやいや」と強制してくる人はいないでしょう。

いるとしたら、早くその人との縁を切ったほうが良いです。

しかしこの断り方は、何回も連発できないのが考えどころです。

何回も体調を理由に断っていると、「またか」と思われてその嘘がすぐ看破されてしまうのです。

妻に止められている(既婚者のみ)

既婚者なら、「妻に止められている」と言うだけでその飲み会を断ることができます。

しかもこの断り方は、何度でも使えるのがメリット。

それにたまに出たい時は「今日は妻に良いと言われた」といえばいいのです。

難点としては、この言い訳は既婚者しか使えないくらいでしょうか。

ドクターストップがかかっている

体調不良よりもっと踏み込んで、「医者にお酒を止められている」と言えば簡単に断れます。

しかしこの断り方をすると、深刻に受け止められて「大丈夫?」と心配されてしまうデメリットがあります。

明日朝が早い

「明日用事があって朝が早い」

という断り方もできるでしょう。

しかしこの断り方も何度も使えない、「途中までいればいい」など、いくつか考えどころな点があります。

せっかくの飲み会なのに…飲み会の会費トラブル事案

懐事情が苦しいのにがんばって出た飲み会、そこでトラブルを起こす人がいます。

自分だって払いたくない…!

飲み会の会費でも周りをモヤモヤさせるトラブル事例の具体的なものを調べてみます。

会費を払わない人がいる

会費を回収する段になって、会費を払わない人がいます。

飲み会を仕切るのは、下っ端なことが多いですが、飲み会の会費をなかなか払おうとしない人がいると会費を集める側はたまったものではありません。

「後でいいですから」「急いでませんから」

そうした社交辞令を真に受けて本当にダラダラ払わないやつがいるものです。

クーポンで一人安く済ませようとする

普段はそんなことないのに、飲み会の会費を支払う段になって急にやる気になって会費を集めだす人がいます。

こうした人はたいがい、クーポンで一人得をしようとしてたり、クレジットカードで払ってまとめてポイントをゲットしようとしています。

別にそれ自体はいいですが、ギリギリの金銭状況で支払を敢行しているこちら側としたら内心穏やかではいられません。

不要な飲み会に出る必要はない

ここまで、上手に飲み会を乗り切る方法を紹介してきましたが、極論不要な飲み会には行く必要がありません。

周囲に気を使う人は特に、意味のない飲み会で心身を消耗しがちです。

しかし大人になればなるほど、人間関係はダイエットでどんどん細くしていくのがいいのだなと気付かされます。

「どうすれば飲み会代を減らせるか」

で悩むのではなく、そもそも「飲み会に出ない」という選択肢を選ぶのも一つの手です。

飲み会の取捨選択で時間とお金の節約を

飲み会一つひとつに、違う意味合いがあるものです。

誰が出て、どんな顔ぶれで、どんな話をするのか。

それをしっかり見定めて、その飲み会には意味があるのか。

出席して安くない会費を支払ったとしても、しっかりと自分に返ってくるのか。

それを見定めるのが大切です。

「飲み会の会費が払えない」と悩んでいるあなたがするべきなのは、飲み会の取捨選択なのです。

意味ない飲み会に出ることで、時間とお金を無駄にしあにようにしてください。

飲み会の会費が払えない まとめ

以上で、飲み会の会費が払えないという悩みについての話を終わりたいと思います。

飲み会一回の支払いが少ないとしても、それが3度、4度と増えていくと支払うのは簡単なことではありません。

会費の支払いが厳しい時は、上手に断ること、そもそも出席しないという観点から考えてみるのも一つの手です。

タイトルとURLをコピーしました