フラット35

イオン銀行ローン商品

「イオン銀行のフラット35」の概論的設定

まずこの記事の最初に「イオン銀行のフラット35」の概要と仕組みについて簡単に紹介します。
この「イオン銀行のフラット35」については、住宅金融支援機構が民間金融機関の住宅ローンを買い取った際の債権を信託銀行などに信託し、それを担保として活用し債権を発行することで債券市場より債権発行代金を受け取ることで住宅ローン貸し出しのための資金を調達することになります。
住宅ローンについては住宅金融支援機構が指定する検査機関による対象住宅の物件検査を受け、住宅金融支援機構が定める技術水準に適合していることを証する証明証を発行してもらう必要があります。
このようにやや複雑なシステムを介して住宅ローンのための資金が形成されます。では続いてこの「イオン銀行のフラット35」についての基本性能を見ていきます。

「イオン銀行のフラット35」の基本性能

・利用が可能である方
・申込日年齢が70歳未満で安定した収入がある方
・親子リレーの契約を結ぶ場合には満70歳以上の方も申し込みを行うことが可能
・日本国籍を保有している方
・永住許可を受けている方や特別永住者の方
・年収に占める全ての借り入れの年間合計返済額の割合が次の基準を満たしている方
・年収400万円未満;30%以下
・年収400万円以上;35%以下
・資金の使いみち
・本人の方が購入し、本人または親族の方が居住する新築住宅の建設や購入資金、中古
住宅の購入資金の種類の資金
・リフォーム資金としては利用不可
・対象となる住宅の条件
・住宅の床面積が70m2以上;一戸建て住宅や建て重ね住宅など
・住宅の床面積が30m2以上;共同住宅
・住宅の耐久性などについて住宅金融支援機構が定めた技術水準に適合する住宅
・融資期間
・次のいずれかの短い年数の方
・15年以上35年以内
・完済時年齢が80歳となるまでの年数
・融資金利
・全期間固定金利

「イオン銀行のフラット35」の各種特別な条件について

「イオン銀行のフラット35」を利用するに当たっては、先ほどの基本性能の項を見ても分かるように様々な特殊な条件が付帯してきます。そして「イオン銀行のフラット35」にはさらに追加の条件が存在するので、そのような諸事についても確認していくことにします。
まず団体信用生命保険に加入する必要があります。これは原則として「機構団信または三大疾病機構団信」に加入する必要が利用者の方にあるということです。機構団信特約料については利用者の方の負担となります。この点についても注意を深くする必要があります。
続いて火災保険にも加入する必要があります。これは返済を終了するまでの間、借り入れの対象となる住宅に火災保険を付ける必要が利用者の方にはあるということです。火災保険料についても利用者の方の負担ということになるので、その点にも注意する必要があります。このように火災に備えることで利用者の心理的な負担をできる限り軽減しようというのが狙いであると考えられます。

必要の書類を準備

続いて契約に関して準備するべき書類の一覧も提示します。これは非常に種類が多いので代表例を挙げるに留めます。まず借入申込書があります。これはベーシックになる書類でこの書類によってローンの利用を宣言することになります。続いて給与証明書や外国勤務等証明書のような利用者の方自身の勤労に関する証明書を準備する必要があります。その他にも特殊の条件に応じて売買契約関連や請負契約関連の書類を準備する必要があります。これらの書類の総攬については「イオン銀行のフラット35」を紹介しているWebページで紹介されています。
遅延損害金も設定されています。これは年利14.5%で設定され、利用者の方は遅滞なく料金を支払っていく必要があります。
一方で保証人や繰り上げ返済手数料については一切不要になります。このような細かな手数料が省かれている点も非常に利便性の高い点であるということができます。注記として繰り上げ返済ができるのは100万円の額よりになります。
そのほかについては、例えばイオン銀行や住宅金融支援機構の審査結果によってはローン利用の希望に沿うことができない場合もありますので、その点についても十分に注意を払い、利用できない場合には他の金融機関を当たるような人間的活力が必要であることも注記しておきます。

「イオン銀行のフラット35」・まとめ

「イオン銀行のフラット35」を利用するに当たっては様々な条件が存在します。それは例えば火災保険であったり団体信用生命保険であったり、遅延損害金であったりします。そのような条件を次々と攻略し、確実な契約を済ませた後に「イオン銀行のフラット35」の利用による優雅な毎日が待っています。他社と比較しても信用力の面で優位を持っていると考えられます。
そして「イオン銀行のフラット35」には様々なメリットが存在します。住宅ローンについての十分な資金が提供されることが第一でしょう。どの住宅ローンを選ぶべきか迷っているならイオン銀行のフラット35をぜひおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました