増築?改築?家の進化!「イオン銀行のリフォームローン」

イオン銀行カードローン

「イオン銀行のリフォームローン」の基本情報

利用することができる方
・日本国内に居住している方
・外国籍の方で永住許可を受けている方
・イオン銀行に普通預金口座を保有している方
・前年度税込年収が200万円以上でかつ安定継続した収入を見込める方
・株式会社イオンクレジットサービスの保証を受けることができる方
資金の使いみち
・本人や同居する家族が所有する本人居住用住宅での増築や改装、リチウムイオン蓄電
池設置のような工事
借り入れ形態
・証書貸付
借入金額
・1年以上10年以内
金利
・全期間固定金利
借り入れ方法
・利用者の方が名義人である指定口座への振り込み
返済方法
・毎月元利均等返済

「イオン銀行のリフォームローン」の申し込みに関して

イオン銀行が運営するローン全般に言えることですが、申し込みからローン融資実行までの経過的な流れは基本的に簡素になっています。
まずリフォームローンを利用するという申し込みを行います。これは郵送や近くのイオン銀行の店舗に出向いてその意志を伝え、申し込みます。この際に要求される個人情報を記載してイオン銀行側に提出する必要があります。
続いてこの提出された情報を基盤にして審査が行われます。この審査は利率などを決定する上でも非常に重要なステップになりますので、個人情報の記載は誤りのないように進める必要があります。また審査ですので、場合によっては利用希望者の方の利用希望が通されない場合もあります。この場合においても他のリフォームローンやフリーローンなどで希望を見出していくことが非常に重要になります。
審査を通過した場合、イオン銀行よりローン契約書の送付が行われます。この中には契約する上で記載が必要になる書類が複数枚含まれています。
契約書類に書き込みを終えると、これをイオン銀行側に返送します。この書類をイオン銀行側が確認して契約が完了し、融資が行われます。融資された資金を利用者の方はリフォームのために利用し、日々の生活を改善していくことができます。

「イオン銀行のリフォームローン」の特長

「イオン銀行のリフォームローン」の特長としては3点挙げることができます。
まず金利が非常に低く抑えられている点を挙げることができます。これは固定金利が2.45%であり、金利が低いことはローンを組むうえで非常に有利に働くということを意味します。実際にこの固定金利は他の金融機関のローンと比較しても遜色なく、非常に利用しやすい金利であると断定することができます。
続いて最大500万円が給付されることを挙げることができます。500万円の給付により増築や改築を行えるということは家計にとっても非常に大きいでしょう。一方で月々の返済額のこともあるので、計画的な利用が必須になります。
最後にこれは申し込みの項でも言及したことですが、来店が不要という事も挙げられます。これは近年繁忙を増している日本においては非常に重要な特性であると考えることができます。自宅からも申し込みが可能であるということが利用者の幅を広げることも考えられます。
そのほかにもこの「イオン銀行のリフォームローン」の内容を説明しているWebサイトにも様々な機能が付帯しています。例えば返済額をシミュレーションする機能や資料を請求する機能が挙げられます。これらも駆使して、「イオン銀行のリフォームローン」についての情報を収集すれば問題なく利用することが可能であると考えられます。
このように様々な付帯機能を駆使することで日々の生活もより効率的に、より豊かに送ることができるようになります。

「イオン銀行のリフォームローン」の金利について

「イオン銀行のリフォームローン」の金利についてですが、これは一律固定で2.450%になります。この金利は非常に有効で、返済などにおいても他の金融機関に比較して引けを取らない金利であると分析できます。
加えてそのほかの手数料などについてですが、これは一切不要になります。これは細かな金銭の支払いを免除するという意味で非常に手間が省け、利用者の方に良い効果を生むと考えられます。
返済に関しては毎月の返済となり、イオン銀行の利用者の方が名義人である指定預金口座より自動引き落としが行われます。このように非常に便利な返済システムを持っているのもこのローンの特長になります。

「イオン銀行のリフォームローン」・まとめ

「イオン銀行のリフォームローン」の利用に関しては、増改築を目的とする利用者の方が申し込みを行うことで利用することができます。このローンの特長としては一律の固定金利が非常に低く抑えられており、そのため返済額もリーズナブルになっているということです。
リフォームや増改築は非常に金銭的な負荷の高いものになります。その分だけローンの利用などにより計画的に進めていく必要があります。その点ではこのローンは非常に有意義です。

タイトルとURLをコピーしました