イオン銀行の住宅ローン専用火災保険

テレビを見る家族 イオン銀行保険商品

この保険はイオン銀行で住宅ローンを利用している方を対象にして、火災のみならず水害や盗難のような様々なトラブルに対応するべく形成された保険になります。このように幅広い範囲でサポートを行う「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」は、新居を準備する方などに非常に適合的であると分析することが可能です。
それではこの「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」のポイントを個別的に紹介します。

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」の概要とポイントについて

まず「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」に申し込みが行われた場合、大口団体割引が適用され、通常加入の火災保険よりも割安となります。このシステムにより通常は金銭的にも軽くはない負担になる保険料も幾分か軽めで利用することが可能になります。今日の家計的にも苦しい日本においては非常に適合的で有益性の大きい保険になると考えることが可能です。
そしてこの保険の名称は「火災」というようになっていますが、その他にも水害や盗難のような案件に対しても適用されます。特に山沿いや水害の頻度が高い地域に居住しようとしている方にとっては非常に都合の良い保険になるということができます。
一方で火災保険が適用される区分外に当たる天災もあります。例えば地震や噴火、津波による損害はこの「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」ではカバーされていません。これらの損害は地震保険によりカバーされているということを知っておく必要があります。
このように火災のみならず水害や盗難に対応しているというのは非常に重要なポイントになります。この適用範囲の広さが顧客の拡大を呼び、この「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」に関する信用を形成していると考えることができます。

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」の具体的な商品について

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」の具体的な商品について以下で検討することにします。この種類に当たる保険は基本的に店舗で申し込む形式になります。
代表例として挙げられるのは損保ジャパン日本興亜が提供する「THEすまいの保険」になります。この保険に関する大きな特徴としては「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」というサービスが無料付帯していることになります。このサービスは日常的な生活における悩み事を専門業者の方が修繕したり、電話による相談を行ったりするサービスになります。このようなサービスを通じて利用者の方の心理的な負担を軽減する目論見があると考えられます。
そのほかにも東京海上日動火災が提供する「トータルアシストすまいの保険」を挙げることが可能です。この保険においても「事故防止アシスト」や「メディカルアシスト」のようなサービスが無料で付帯されているので、非常に有効的であると考えることが可能です。
このような代表例をはじめとして、その他にも利用が可能である保険商品が多数取りそろえられています。このような商品を活用し、日々の安全と安心を確保することは、ただでさえストレスフルな日本社会での生活を乗り切っていく上で非常に有用であると考えることが可能です。

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」に関連する実際的な数値について

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」を利用する上で、比較としての実際的な費用を知っておくことは決して損にはなりません。ここでは災害や盗難のようなトラブルに際して実際に支払われる保険料を具体例より抽出して見てみることにします。
まず火災により全損が生じた場合には平均的に保険料は1373.3万円が支払われます。これは災害などにより気落ちしている時には非常に大きな心の支えになるでしょう。
また集中豪雨で床下浸水が発生した場合には152.7万円が支払われるという事例が存在します。これは火災による全損の場合と比較すると十分な支給額ということはできませんが、しかし一方で床下浸水に確実に対応した規模での支給であると考えることができます。
最後に泥棒が入り、窓ガラスやドアが損壊した場合には91.9万円が支給されます。これも工事費用などのもろもろの費用を勘案に入れても妥当なラインでの支給額になると考えることが可能です。
このように住居にまつわる様々なトラブルに対して十分なアフターフォローを行っている点に非常に大きな魅力を感じます。

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」・まとめ

「イオン銀行の住宅ローン専用火災保険」を利用する際には火災のみならずその他の様々なトラブルに対応して支給が行われるという点に注目すると良いと考えられます。またそのほかにも支給金額が損害の規模に適合的に設計されている点も非常に大きいと考えられます。このような対象の広さや損害規模に比例的な給付は他社にもひけを取らない魅力でしょう。
一方で地震や津波のような天災に対する損害には対応せず、「地震保険」への加入が必要である点も注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました