イオン銀行口座開設のメリット・デメリット

銀行ATM イオン銀行豆知識

「イオン銀行の口座開設」の口座開設においては、まずその申し込みが必要になります。イオン銀行で口座を開設する場合には2種類の申し込み方法があり、それはネットでの申し込みと店頭での申し込みになります。

「イオン銀行の口座開設」の申し込みについて

インターネットによる申し込みにおいては様々なお得な思いをすることができます。例えばお得な入会キャンペーンの対象になりやすく、加えて口座開設までの日数も店頭での申し込みより早く短い場合が多く、非常に利便性が高いと分析することが可能です。総合的に考えてても口座開設においてはインターネットを経由した方が良いと考えられます。

実際に数値的に見てもイオンカードの金額は店頭で申し込んだ場合500円や1000円レベルでの特典が付くだけですが、インターネットより申し込みが行われることで特典の金額は4000円から8000円レベルになります。これは店頭での取り扱いには人件費や施設費用のような余分な費用が必要になることが背景にあります。
そのほかにもイオンカードセレクトはウェブで完結した状態で申し込みを行うことができ、佐川急便の受取人確認配達サービスを利用して本人確認書類を返送することなく口座開設までの手続きを行うことができます。通常のインターネットでの申し込みでは受取までに時間が必要であるところを、インターネットによる申し込みによって1週間程度早く口座を開設し、カードが手元に届くので、イオン銀行の口座をなるべく早く開設する必要がある方にとっては最適のサービスになります。イオンカードセレクトをインターネットより申し込むことで最短約2週間で手元にカードが届けられます。

イオンカードセレクトとは

ここでオススメしているイオンカードセレクトについて紹介します。このカードは持っているだけで普通預金の金利が優遇され、金利が6倍という驚異の伸びを見せます。メガバンクの普通預金と比較しても120倍になるので、大変お得であると結論付けることが可能です。長期にわたって預金を行おうと考えている方にとっては金利の差は非常に大きいので、イオンカードセレクトは必須のカードであると断言することが可能です。イオンカード自体の性格としてはイオン銀行のキャッシュカードとWAONとイオンカードが1つになったカードになります。イオンカードセレクトはこのように多機能性を保有し、また様々な手間が省けるというメリットより、口座開設とイオンカードの申し込みは同時であるとなお良いと考えられます。
このようにインターネット経由でイオンカードセレクトを同時に申し込むことで、最短速度で最高効用を口座開設により得ることが可能になります。
一方店頭で申し込みを行う場合についても見ておきます。この場合、まず必要になる書類があります。その代表例としては運転免許証や健康保険証のような本人確認資料になります。
店頭での申し込みの大まかな流れとしては次のようになります。まず申込書を記入し、本人確認も同時に行います。そして申込書の受付が行われた後、キャッシュカードやイオンカードセレクトの送付が行われ初回利用登録を行うことで口座利用が開始されます。口座開設の申込書には名前や住所を記入し、届出印を押印して提出します。このように店頭での申し込みですと、少し手間がかかるという側面は否めません。

「イオン銀行ダイレクト」の機能について

イオン銀行でにおいては「イオン銀行ダイレクト」というオンラインバンキングサービスが行われています。この機能を利用することで自宅や外出先よりイオン銀行のサービスを利用することが可能です。この「イオン銀行ダイレクト」は残高照会や振り込みのような機能も利用することができるので、非常に利便性が高いと総括することが可能です。
このサービスを利用する上では初回利用時に初期設定を行う必要があります。一方で初回利用登録が完了すれば様々な機能を自在に活用することが可能なので、ぜひ利用してみてください。

「イオン銀行の口座開設」の必要性について

「イオン銀行の口座開設」に関して言えば、金利面よりのメリットを享受することが可能です。故に口座開設をオススメしたいと考えています。
先ほども参照したように、メガバンクに預金するよりも金利の面で非常に大きなメリットを受けることが可能です。またインターネットを通じた契約により2週間ほどで利用開始が可能なので、その意味でも利用は非常に有効的でしょう。

「イオン銀行の口座開設」・まとめ

何度も言及しますが、「イオン銀行の口座開設」は金利面において大きな優位性を求めている方には非常にオススメできる口座になります。またイオンカードセレクトを利用することで多機能的な口座活用が可能になり、また「イオン銀行ダイレクト」によるオンラインバンキングも非常に有効的であると考えられます。
一方で即日での利用が不可能なことには注意が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました