みずほ銀行カードローンは即日融資を受けられる?最速融資するコツとは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは即日融資できるの?

即日融資はできません。

その代わり低金利で使いやすいメリットがあります!

みずほ銀行カードローンといえば、都市銀行カードローンとして知名度も高く、利用者の多い銀行カードローンです。

みずほ銀行は、みずほダイレクトをはじめWEBサービスに力を入れており、みずほ銀行カードローンもWEB上の手続きで契約を完結できる便利なサービスを展開しています。

そんなみずほ銀行カードローンは、即日融資に対応しているのでしょうか?

結論からいってしまうと、みずほ銀行カードローンは即日融資には対応していません。

魅力的なみずほ銀行カードローンで、少しでも時間をかけずにお金を借り入れるためにはどうすればいいのかを解説していきます。

【今回の記事でわかること】

  • みずほ銀行カードローン基本情報
  • みずほ銀行カードローンでは即日融資不可能
  • みずほ銀行カードローンで最短融資する流れ
  • みずほ銀行カードローンで少しでも早い融資を受けるコツ
  • みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット
  • 他社のカードローンと比較してみよう
  • 即日融資なら消費者金融のカードローンで

みずほ銀行カードローン基本情報

金利 年2.0~14.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年19.9%
返済方式 残高スライド方式
返済期間 1年ごとに自動更新
担保・連帯保証人 不要
審査 最短翌日
融資 最短1~2週間

みずほ銀行は即日融資には対応していません。

とはいえ金利が低く、最大限度額も高めに設定されています。

審査は最短翌日ですし、早ければ1週間ほどで利用が可能。

お得にお金を借りたい方にオススメのカードローンです。

利用する条件

みずほ銀行カードローンに契約を申し込むための利用条件は以下の通りです。

  • 年齢が契約時に満20歳以上で満66歳未満
  • 安定した継続的な収入がある
  • 保証会社である株式会社オリエントコーポレーションから保証が受けられる
  • 永住許可を受けている外国人

安定した収入があれば、主婦や学生でも利用可能。

年齢の上限が66歳とやや低めな点には注意してください。

利用限度額と基準金利

みずほ銀行カードローンの借入限度額と基準金利の年率をみてみましょう。

10万円以上100万円未満 14.00%
100万円以上200万円未満 12.00%
200万円以上300万円未満 9.00%
300万円以上400万円未満 7.00%
400万円以上500万円未満 6.00%
500万円以上600万円未満 5.00%
600万円以上800万円未満 4.50%
800万円 2.00%

金利は、借りる金額が大きくなればなるほど下がっていきます。

最大限度額の800万円で借りれば、金利はたったの2%となるのです。

最高金利の14%も、消費者金融と比べればかなり低めだといえます。

カードローントップクラスの低金利・高限度額

みずほ銀行カードローンのメリットで一番わかりやすいのが、やはりその設定された金利が低いこと。

そして借入可能最大限度額がとても高いことでしょう。

2.0~14.0%の金利設定は、少額借り入れる方も大口融資を受ける方も等しくお得な金利設定です。

そして最大で800万円も借り入れ可能とあれば、ほとんどすべての借り入れ目的は果たされるのではないでしょうか。

キャッシュカードを使って借入可能

みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードに「カードローン機能を追加可能」です。

わざわざカードローンで借り入れる専用のカードを用意する必要はないため、財布の中をスッキリした状態にできます。

キャッシュカードがあれば、そのまま利用できるのはありがたいですね。

もちろんカードローン専用のカードも用意できるため、自分な好きなカードを選びましょう。

住宅ローン利用者は金利引き下げ

銀行カードローンとして珍しい特徴が「住宅ローン利用者は金利が引き下げられる」というもの。

カードローン利用者の誰しも、低い金利で借りたいと思うものです。

みずほ銀行の住宅ローンは優秀ですから、すでに借りている方も多いのではないでしょうか。

すでにみずほ銀行住宅ローンを利用している方にもおすすめの銀行カードローンです。

みずほ銀行なら安心だね

低金利でお得にお金を借りましょう

みずほ銀行カードローンでは即日融資不可能

みずほ銀行カードローンを利用した即日融資ですが、率直にいって「不可能」です。

以前はみずほ銀行カードローン申込み後、問題なく審査に通ればすぐにキャッシュカードで借入可能だったのですが、現在はそうもいかない状況となっています。

最短でも1週間はかかることを覚悟してください。

どうしてみずほ銀行のカードローンでは即日融資ができないのでしょうか。

どうしてみずほ銀行カードローンで即日融資を受けられないのか

どうしてみずほ銀行カードローンでの借り入れに時間がかかるようになってしまったのでしょう。

みずほ銀行カードローンの借り入れに時間がかかってしまう要因は1つではありません。

  • 銀行カードローン利用者の多くが自己破産を選んだこと
  • 反社会的勢力への貸付規制
  • 自主的に「総量規制」を審査基準に盛り込むところも

1つずつ確認していきましょう。

銀行カードローン利用者の多くが自己破産を選んだこと

やはり大きな理由の一つが、銀行カードローン利用者の自己破産件数増加によるところ。

銀行カードローン利用者の多くが、消費者金融カードローンと同じ感覚で利用していたことで返済不能な状況に陥り自己破産を行ったのです。

この状況を国が静観するわけもなく、国は銀行へ「カードローン審査基準引き上げ」を求めました。

これにより、以前は消費者金融なみのスピードで審査していた銀行カードローンも、慎重に時間をかけた審査を行っているようです。

反社会的勢力への貸付規制

銀行カードローンは審査に時間を掛けるようになった要因を、反社会的勢力への貸付規制だと言っています。

銀行カードローンは審査において、以前はなかった「警察のデータベース照会」を行うようになりました。

これによりデータベースを照らし合わせる分多くの時間がかかってしまっているのです。

自主的に「総量規制」を審査基準に盛り込むところも

銀行カードローンの審査基準は厳しくなりました。

以前は返済能力の低い人にもお金を貸すことで、カードローン利用者が貸し倒れてしまう状況もあったのです。

その事態を防ぐため、現在銀行カードローンは本来関係ない総量規制を審査基準としているところも。

銀行カードローンも、消費者金融のカードローン審査と同じく「年収の3分の1借り入れ」が一つの基準となっているのです。

即日融資はできないんだね……

審査も厳しめとなっています

みずほ銀行カードローンで最短融資する流れ

みずほ銀行カードローン申込みから、実際の借り入れまでに行う手続きの流れを調べておきましょう。

できるだけ最短で融資するためにも、準備は念入りにしておきたいですね。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 書類提出
  4. カードローン口座開設
  5. キャッシュカードで借り入れ可能

詳しくみていきましょう。

1:申し込み

まずはみずほ銀行カードローンへの申込みです。

  • PCやスマートフォン
  • 郵送
  • 電話
  • 窓口申込

申込み方法はいろいろありますが、やはり一番気軽なのはネット申し込みでしょう。

スマートフォン1つで出来ますし、何より家にいながら申し込めます。

口座を持っている方は、窓口申込が一番スムーズでオススメです。

2:審査

申込みが完了すれば、申込情報をもとにみずほ銀行カードローンの審査が始まります。

審査では、申込情報をもとに属性の審査がまず行われます。

この属性の審査は、通称「一次審査」と言われることも。

この属性の審査をクリアできないと、その後にある信用情報の審査に移行できません。

信用情報の審査では、信用情報機関の記録から過去の返済遅延などを審査されます。

信用情報に「返済遅延」などブラックな記録があった時点で、みずほ銀行カードローンの審査では大きくマイナスとなるため気をつけましょう。

審査結果案内

属性の審査、信用情報の審査、両方認められれば申し込んだ人へと審査結果が伝えられます。

この段階で審査はほとんどクリアとなりますが、一応「在籍確認」も控えており、審査担当者から「在籍確認を行う」旨の案内が言い渡されます。

申込内容について本人に電話で問い合わせが来ることもあり、連絡がつかないと判断されれば審査に落ちてしまうことも。

確実に電話を取れるようにしておきたいですね。

3:書類提出

書類をWeb・郵送・窓口で提出します。

書類の提出は、書類の写真データをアップロードしてデータを送るだけで完結する簡単なものです。

必要な書類は本人確認書類、50万円以上の融資を望むのであれば収入証明書類も必要となります。

書類不備があればそれだけタイムロスとなってしまうため、事前にきちんと確認しておきましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

書類は正確なものを提出しましょう。

虚偽の情報を提出するなどもってのほかです。

4:カードローン口座開設

みずほ銀行で、カードローン専用口座を開設します。

ここまできてようやく、みずほ銀行カードローン契約が完了となります。

みずほ銀行のカードローンを使うためには、みずほ銀行の口座が必要となるため必ず開設しておきましょう。

インターネット支店での口座開設も可能です。

5:キャッシュカードで借り入れ可能

みずほ銀行カードローンは契約完了後、持っているキャッシュカードですぐに利用できるのが大きなメリットです。

すでにお持ちのキャッシュカードで、ATMから借り入れが可能となります。

カードローン専用カードを希望した場合、最短1週間で届くため最速融資を望むのであればキャッシュカードを利用したいですね。

あとはお金を計画的に借りたり返したりしていきましょう。

家にいながらできるのはありがたいね

急いでいるのなら窓口に行きましょう!

みずほ銀行カードローンで少しでも早い融資を受けるコツ

みずほ銀行カードローンが即日融資で借り入れることはできません。

少しでも早くお金を借りるためにできることをしていきましょう。

みずほ銀行カードローンで少しでも早く融資を受けるコツは以下の通りです。

  • みずほ銀行口座を用意しておく
  • 希望借入額は少なく申し込む
  • 審査に有利な状況を作っておく

1つずつみていきましょう。

みずほ銀行口座を用意しておく

みずほ銀行カードローンでお金を借りるまでにかかる時間は、みずほ銀行口座を持っているか持ってないかでまったく変わってしまいます。

なぜならみずほ銀行カードローン利用には、みずほ銀行口座が必要だからです。

まだみずほ銀行口座を持ってない場合は、まずみずほ銀行の口座開設からはじめることとなります。

みずほ銀行口座の開設には、少なくとも一週間ほど時間がかかってしまいます。

それからみずほ銀行カードローン契約手続きとなると、さらに長い時間がかかってしまいますよね。

口座を持っている方であればそれだけ融資までは早くなるのです。

口座を持っていれば銀行窓口から申し込み

すでにみずほ銀行口座を持っている方は、ネット申し込みより銀行窓口より申し込んだほうが早い場合があります。

窓口よりカードローンを申し込んで「借り入れを急いでいる」と伝えれば、優先的に審査してくれるでしょう。

ネット申し込みは、申込みの混み具合で審査優先度がかなり変わってきます。

行けるのであれば直接窓口に向かいましょう。

希望借入額は少なく申し込む

みずほ銀行カードローン申込時、最初に「希望借入額」を選ぶことになります。

この希望借入額は少しでも低く設定しておきましょう。

希望借入額が高ければ高いほど、審査も厳しくなっていくからです。

少ない額であれば、それだけ審査も緩く通りやすくなります。

借入額が高額であればあるほど、みずほ銀行は警戒して慎重に審査を進めるのです。

少しでも早く審査を通るために、借入希望額は必要最低限の額にしておいてくださいね。

審査に有利な状況を作っておく

審査に時間がかかるのは、ステータスに問題がある時です。

年収が低い・勤続年数が短い・以前に返済遅延をしているなど、あなたのステータスによっては審査に時間がかかってしまいます。

本当に返済できるかどうか疑われてしまうのです。

審査では個人信用情報機関の信用情報がみられます。

自分の信用情報が問題ないか不安な方は、直接個人信用情報機関に問い合わせてみましょう。

できることはやっておきましょう

審査に落ちたら元も子もないもんね

みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

みずほ銀行のカードローンにはメリットもあればデメリットもあります。

最速融資で上手に使いこなすためにも、みずほ銀行カードローンの特徴を把握しておきましょう。

お金を借りるにはお金が必要です。

無駄な出費を避けるためにも、メリット・デメリットをおさえておきたいですね。

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行カードローンのメリットは以下の通りです。

  • 24時間いつでも申し込める
  • 限度額が800万円と高い
  • 金利引き下げアリ
  • 便利な自動融資サービス

それぞれ確認していきましょう。

24時間いつでも申し込める

みずほ銀行のカードローンは申し込みがWEB完結だから、24時間365日いつでも好きなときに申し込めます。

家にいながらすぐに行動を起こせば、それだけ融資してもらえるタイミングも早くなるというもの。

申し込めるのであれば今すぐ行動を起こしましょう。

限度額が800万円と高い

借入上限額が800万円と高く、使い勝手の良いカードローンです。

使い道は自由ですから、複数ある借金をまとめて金利を下げるおまとめローンとしての使い道も効果的。

借りる金額が高くなればなるほど金利も下がるためメリット尽くしですね。

金利引き下げアリ

みずほ銀行のカードローンを使う場合、みずほ銀行の住宅ローンを利用していると金利を引き下げてもらえます。

金利の引き下げは何と年0.5%。

少しでもお得に使いたいのであれば、みずほ銀行でまとめて利用するようにしましょう。

便利な自動融資サービス

お金が足りないときに自動的に融資してくれるサービスが使えます。

利用するためには申請する必要があるため、事前に伝えておきましょう。

公共料金やクレジットカードの支払い引き落とされる際、口座の残高が足らなければ自動的にお金が融資され支払えるのです。

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンのデメリットは以下の通りです。

  • 即日融資できない
  • 口座開設が必要

詳しく確認していきましょう。

即日融資できない

みずほ銀行のカードローンは即日融資に対応していません。

どれだけ急いだとしても、1週間はかかると覚悟しておきましょう。

その分金利が低いため、待つ価値はあるはずです。

それでも即日融資が必要なのであれば、消費者金融を頼りましょう。

口座開設が必要

みずほ銀行のカードローンを使うためには、みずほ銀行の口座を開設する必要があります。

場合によってはこの口座開設に時間を取られて、融資まで1か月近くかかってしまうことも。

口座がないのであれば、窓口に直接行くようにしましょう。

メリットばかりじゃないんだね……

メリットを活かしつつデメリットは避けていきましょう

他社のカードローンと比較してみよう

カードローンが利用できるのはみずほ銀行だけではありません。

他の銀行でもカードローンは扱われています。

他行のカードローンとみずほ銀行カードローンを比べてみましょう。

みずほ銀行
カードローン
三菱UFJ銀行
「バンクイック」
りそな銀行
カードローン
楽天銀行
カードローン
金利 年2.0~14.0% 年1.8~14.6% 年3.5~13.5% 年1.9~14.5%
限度額 最大800万円 最大500万円 最大800万円 最大800万円
遅延損害金 年19.9% 年19.9%
返済方式 残高スライド方式 残高スライド方式 残高スライドリボルビング返済方式
返済期間 1年ごとに自動更新 1年ごとの自動更新 1年ごとの自動更新 1年ごとの自動更新
担保
連帯保証人
不要 不要 不要 不要
審査 最短翌日 最短翌日 最短数日 最短数日
融資 最短1~2週間 最短翌日 最短1週間 最短1週間

みずほ銀行カードローンは金利が低く審査早い点が魅力的ですね。

借入限度額も他の銀行に引けを取りません。

できるだけ金利を抑えたい方に向いているカードローンなのです。

それぞれに長所があるんだね

みずほ銀行なら審査も早いですよ!

即日融資なら消費者金融のカードローンで

みずほ銀行カードローンでは即日借り入れることができません。

本当に即日お金を借りたいと思ったのであれば、別のカードローンを利用するべきです。

そもそも即日借りるためには、銀行カードローンを利用するべきではありません。

即日融資に強い、消費者金融カードローンで借り入れを行いましょう。

具体的に即日借り入れに強い消費者金融のカードローンをいくつか紹介します。

  • アイフル
  • SMBCモビット
  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • ダイレクトワン

自分に合った消費者金融を選びましょう。

アイフル

金利 年3.0~18.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長8年10ヶ月(106回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

アイフルのカードローンは、即日借り入れに最適です。

「てまいらず」という専用の無人契約機を使って即日カード発行、ネットキャッシングで即日融資を受けることも可能です。

また、申込み後電話すれば優先して審査してくれる専用のフリーダイヤルもあります。

アイフルのキャッシングは、他の消費者金融と比べて借り入れるサービスが優秀なものが多いです。

アイフルで即日融資するなら何時まで?急な出費があってもすぐに借り入れOK
アイフルで即日融資はできるの? できます! 18時からでも即日融資は可能ですよ! 「即日でお金を借りられるところはないかな?」と考えている方にオススメなのがア...

SMBCモビット

カードローン,学生,SMBCモビット

金利 年3.0~18.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長8年10ヶ月(106回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

SMBCグループの消費者金融「SMBCモビット」も即日融資で借入可能な消費者金融です。

モビットには「WEB完結申し込み」というサービスがあり、このサービスを利用することで、WEB上の手続きのみで借り入れの手続きをすべて終わらせることが可能。

モビットカードという「ローンカードとクレジットカードが一体のカード」が欲しい方も、SMBCモビットへの申込みをおすすめします。

在籍確認がないのも見逃せないポイントですね。

アコム

金利 年3.0~18.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間 最長9年7ヶ月(100回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

アコムは返済期間が長い消費者金融です。

それだけ自分のペースで返済が進められます。

無利息キャンペーンもあるため、少しでも返済の負担を軽くしたい方にオススメ。

とはいえ利息は毎日発生しているため、できるだけ早く返済はするようにしましょう。

アコムで土日に即日融資するなら何時まで?確実に即日融資を成功させる方法
アコムで土日に即日融資するなら何時まで? 20時までには申し込みましょう! アコムなら土日でも即日融資できますよ! 実はアコムのカードローンおよびクレジットカ...

プロミス

金利 年4.5~17.8%
限度額 最大500万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長6年9ヶ月(80回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

プロミスは審査が早く人気の高い消費者金融です。

土日でもすぐにお金を振り込んでもらえたり、申し込み方法がたくさんあるなどサービス面が充実しています。

2021年度のオリコン顧客満足度調査では、ノンバンクカードローン第1位を獲得している実績も。

プロミスで即日融資する方法!審査を早める方法・即日借りるコツとは
プロミスは即日融資できる? できます。 即日融資はもちろん、手厚いサービスが揃っていますよ! プロミスのカードローンは、即日お金を借り入れるのにうってつけなサ...

レイクALSA

金利 年4.5~18.0%
限度額 最大500万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間 最長8年(96回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

レイクALSAはカードレスのローンです。

スマホがあれば借入れられるため、使い勝手の良さが魅力的。

即日融資も受けやすく、無利息サービスも用意されています。

最短60分融資という早さは嬉しいポイントですね。

レイクALSAで即日融資!借入までの流れや即日融資成功のコツを徹底解説
レイクALSAって即日融資できるの? できます。 最短60分融資ですからすぐにお金が借りられますよ! 銀行カードローンなどの銀行キャッシングで即日融資を受ける...

ダイレクトワン

金利 年4.9~18.0%
限度額 最大300万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 定額リボルビング方式
返済期間 最長5年(60回)
担保・連帯保証人 不要
審査 最短即日
融資 最短即日

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの消費者金融です。

審査の通りやすさに定評があり、ほかの消費者金融では審査落ちするようなステータスの方にとっての強い味方となってくれます。

独自の審査基準があるからこその通りやすさであり、信用情報に問題がある方にオススメの消費者金融です。

即日融資にも対応していますから、すぐにお金を用意できますよ。

ダイレクトワンで即日融資する方法!審査の流れやメリット・デメリットを徹底解説
ダイレクトワンは即日融資できる? できます! ダイレクトワンでの即日融資について徹底解説しちゃいますよ! ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの大手消費者金融...

即日融資はできるけど金利が高いんだね!

無利息キャンペーンを活用しましょう!

まとめ

【みずほ銀行カードローン基本情報】

  • 金地:年2.0~14.0%
  • 借入限度額:最大800万円
  • 返済期間:1年ごとに自動更新
  • キャッシュカードを使って借入可能
  • 住宅ローン利用者は金利引き下げ
  • 即日融資は不可能

【利用する条件】

  • 年齢が契約時に満20歳以上で満66歳未満
  • 安定した継続的な収入がある
  • 保証会社である株式会社オリエントコーポレーションから保証が受けられる
  • 永住許可を受けている外国人

【みずほ銀行カードローンでは即日融資不可能】

  • 銀行カードローン利用者の多くが自己破産を選んだこと
  • 反社会的勢力への貸付規制
  • 自主的に「総量規制」を審査基準に盛り込むところも

【みずほ銀行カードローンで最短融資する流れ】

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 書類提出
  4. カードローン口座開設
  5. キャッシュカードで借り入れ可能

【みずほ銀行カードローンで少しでも早い融資を受けるコツ】

  • みずほ銀行口座を用意しておく
  • 希望借入額は少なく申し込む
  • 審査に有利な状況を作っておく

【みずほ銀行カードローンのメリット】

  • 24時間いつでも申し込める
  • 限度額が800万円と高い
  • 金利引き下げアリ
  • 便利な自動融資サービス

【みずほ銀行カードローンのデメリット】

  • 即日融資できない
  • 口座開設が必要

【他社のカードローンと比較してみよう】

  • みずほ銀行カードローンは金利が低く審査早い点が魅力的
  • できるだけ金利を抑えたい方に向いているカードローン

【即日融資なら消費者金融のカードローンで】

  • アイフル
  • SMBCモビット
  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • ダイレクトワン

おわりに

みずほ銀行カードローンでは即日融資はできませんが、それを補って余りあるメリットがあります。

最速でも融資に1週間はかかりますが、逆に言えばその1週間さえ乗り切れたのであれば問題はないのです。

それでも借り入れに急いでいる方は、みずほ銀行カードローンより消費者金融のカードローンを利用した借り入れをおすすめします。

低金利を取るか、即日融資を取るか、返済までのことを考えて決断してくださいね。

さっそくみずほ銀行カードローンに申し込もうっと!

事前の返済シミュレーションはしておきましょう!