イオン銀行カードローンの限度額の引き上げについて

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンに申し込んでみたは良いけど思っていたより融資額が少なかった、もしくは利用開始した後にさらなるピンチが襲ってきて限度額引き上げてもらいたくなったということ、ありますよね。

ここではイオン銀行カードローンでは限度額の引き上げが可能なのか、またどうすれば引き上げてもらいやすいのか等を解説していきます。
ではまず、結論から。

イオン銀行カードローンは限度額を引き上げられる

そう、可能です。
金融機関によっては自発的に限度額の引き上げを申し込めないところもありますが、イオン銀行カードローンの場合はWEBや郵送で自分から申し込むことが出来るのです!

■限度額の引き上げは自分から申し込める

消費者金融などでは会社の方から「限度額、引き上げられますけどいかがですか?」といった営業電話のようなものがかかってくるのを待っているのが主流です。

その点自分から申し込めるというのは結果が早くわかってありがたいですよね。
もしイオン銀行カードローンでの限度額引き上げが無理なら、他のところから新規で融資してもらうという決断がしやすくなります。

改めて審査されるので注意

自分から申し出が出来るとは言ってもそのまま希望が通るとは限りません。
引き上げても大丈夫かどうかの審査を改めて行われ、その結果、だいたいの場合あまり大幅に引き上げて貰えることは少ないようです

例えば30万円の貸付枠で利用していて、50万円の貸付枠へ引き上げて欲しいと希望しても、審査の結果次第では40万円の貸付枠への引き上げになってしまうことも多々あります。

むしろ、審査が通ればかなりのラッキーだと思って良いでしょう。
体験談などを見ていると断られてしまうケースの方が多いくらいです。

100万円以上の限度額引き上げは可能か?

しかし、人生には予測のつかない出費にみまわれることも頻発しますよね。例えば、イオン銀行カードローンでお金を借りた後でいきなり子供が出来てしまったら。こうなったらもう一気に限度額を100万円以上に引き上げてほしくなりますね。

結論を言うと100万円以上の増額も申し込むこと自体は可能です。

ただ、先述の通り審査はかなり厳しいものがあり、しかもイオン銀行カードローンの場合100万円の貸付枠から先は、すべて100万円単位での貸付枠になってしまうので、10万円単位での増額とは審査の厳しさのレベルが段違いです。

こんな狭き門を狙うよりは新規で別の金融機関から借りる方が圧倒的に確実です。

■どうやったら引き上げてもらいやすくなるか?

今まさにイオン銀行カードローンでお金を借りたばかりの人、もしくは現在返済中だという方にアドバイス出来ることがあるとすれば、限度額の引き上げを希望するなら何がなんでも返済だけは遅れてはいけないということです。

この時注意して欲しいのは何もイオン銀行カードローンの返済に限ったことではないということ。

信用情報は様々なところで繋がっている

日本国内で信用情報を収集している機関はたったの3つしかなく、しかも国内に幾多と存在している金融機関の全てがこの3つのいずれかに加盟しています。

筆者も5年ほど前に原付きを買った時に組んだローンで2回ほど滞納してしまっていて、同じくらいの年齢や年収の人より貸付枠が低く設定されたことがあります。
3つしか機関がないならかなりの確率でイオン銀行カードローンが加盟している機関と同じところとかぶってしまうでしょう。
どこでどう繋がっているか分からないということは是非覚えておきましょう。

とにかくお金に関する支払日には遅れないよう徹底する

また最近ではスマートフォンを分割払いで支払っている方も非常に多いと思います。こいつが意外と狡猾な落とし穴となっているのです。

「え?携帯はド●モだよ?金融機関じゃないから関係ないでしょ?」と思うかもしれないですが分割払いや料金に関することは、携帯電話会社関連の別の金融会社が担当しているのです。そして、その会社が信用情報機関に加盟していて審査に影響が出ることもあります。

クレジットカード・ショッピングローン・携帯電話料金の支払い・ネットショッピング利用時の後払いシステム…。
とにかく何が何でもお金に関する支払いには絶対に遅れないようにしましょう。
どこで何が引っかかってイオン銀行カードローンの審査に影響してしまうか、個人が完璧に把握するのは不可能ですので気をつけるしかありません。

この項目に関連するオススメ記事はこちらです。
【イオン銀行カードローンの保証会社は何するところ?】

■限度額引き上げに関するまとめ

  • 自分から申請できる
  • WEBから出来るので手軽
  • 審査はかなり厳しく通ればラッキー
  • 限度額引き上げやすくするには、全ての支払いに遅れないこと

まとめると「WEBからすぐ申し込むことが出来るから玉砕覚悟で申し込んでみる。ダメならダメで他のところで新規で申し込めばOK!」という話ですね。

イオン銀行カードローンじゃなきゃ絶対に嫌だという理由でもない限り、全てのお金に関する支払いを死守するという緊張感に包まれた日々を送るのは、あまりに労力とバックが見合わないと思います。(※もちろん全ての支払いに関する期日を守っていくことはとても大切なことです)。

まずは気軽に申し込んでから次の決断に移りましょう。

タイトルとURLをコピーしました