個人間融資とは?掲示板やSNSでお金を借りた先に待つ違法な高金利

個人間融資とは,詐欺 お金の悩み

個人間融資っていったい何?

見知らぬ個人間でお金の貸し借りをすることです。

今回はその問題点・危険性を徹底的に解説していきますよ!

「個人間融資ってヤバいの?」

「すぐに借りられるって聞いたけど」

個人間融資は金融庁が注意を呼び掛けるほど危険な行為です。

個人間融資とはいったい何なのでしょうか。

何がそんなに危険なのか、また被害にあった場合どうすればいいのか、徹底的に解説します。

個人間融資以外でお金を借りる方法もあわせてご紹介!

【今回の記事でわかること】

  • 個人間融資とは
  • 個人間融資の問題点
  • 個人間融資の相手が闇金業者だったら
  • 個人間融資で被害にあってしまったら
  • 個人間融資以外でお金を借りる方法

個人間融資とは

個人間融資とは,女性,はてな

個人間融資という言葉を聞いたことがありますか?

聞いたことがない人もいれば、利用したことがある人もいるかもしれません。

個人間融資とは、掲示板やSNSなどを通じて、見知らぬ他人とお金の貸し借りを行うことです。

言葉の通り、個人間での融資を指すわけですね。

家族や友人に頼むのではなく、知らない個人とのやり取りを指す言葉として使われることが多いです。

また、ソーシャルレンディングや対面融資とも呼ばれます。

なぜ個人間融資に手を出してしまうのか

お金を貸してほしい場合、通常消費者金融や家族・友人を頼りますよね。

しかし消費者金融の審査に通らずお金を借りられない、家族や友人も頼れない場合はどうでしょうか。

審査の必要がない、見知らぬ他人を頼ってしまうのです。

個人間融資を利用するきっかけはさまざま。

すでに借金を背負っていて消費者金融からこれ以上お金を借りられない人、過去に金融トラブルを起こしており信用情報に傷があってお金を借りられない人もいるでしょう。

また総量規制に縛られずにお金を借りられてしまうのも、個人間融資を利用してしまう理由の1つです。

【総量規制】消費者を守るために年収の3分の1以上を貸し付けてはいけないという決まり。年収が300万円なら100万円以上は借りられない。

個人間融資を利用するまで流れ

個人間融資を利用する流れはどのようなものなのでしょうか。

SNSの中でもTwitterで考えてみましょう。

個人間融資」や「お金貸します」「お金貸して」と検索すればすぐに出てきます。

他にも無数に出てきます。

お金がないとTwitterで呟けば、DMで「お金貸しますよ」と向こうから連絡が来ることもあるほどです。

ブラックでも大丈夫、期間限定など困っている人を惹きつけようとする言葉が目立ちますね。

SNSでもこんなに堂々と個人間融資が行われているんだね

誰でもすぐにできてしまうのが個人間融資の恐ろしいところなのです

なぜ個人間融資が問題なのか

個人間融資,男性

銀行や消費者金融からお金を借りられない人にとって、個人間融資は魅力的に見えます。

個人にお金を貸してくれる優しい人がいるのなら、頼りたくなる気持ちもあるのかもしれません。

しかしお金を貸してくれる良い人がいる可能性は、限りなくゼロに近いのが現実です。

金融庁も個人間融資には気を付けてと注意喚起をしています。

個人間融資の何が問題なのでしょうか。

問題点を5つにまとめました。

  1. 個人情報が漏れる
  2. 違法な高金利
  3. 詐欺の可能性
  4. ひととき融資の存在
  5. 警察が介入しづらい

1つずつ見ていきましょう。

問題点①個人情報が漏れる

もしもあなたが見知らぬお金を貸す場合、何の情報もなしにお金を貸せますか?

お金を返してくれるか心配になり、相手の情報を知ろうとするはずです。

貸す側からすれば、ある程度保証が欲しいですよね。

そのため個人間融資を利用する場合、相手から個人情報を求められます。

相手が悪質な場合「個人情報をSNSでばらまくぞ」と脅してきたり、個人情報だけもらって音信不通、その後情報を悪用されたりする可能性が。

あなたの渡した個人情報が、犯罪に利用されてしまう危険があるのです。

問題点②違法な高金利

お金を貸すのには理由があります。

金利によって発生する利息、つまりお金を貸すことで稼げるからこそ個人間融資が成り立っているのです。

消費者金融から借りる時も金利は設定されています。

金利3.0~18.0%などの文字を見たことがある人も多いでしょう。

貸すことで利益があるからお金を貸すのです。

この利益、つまり金利には利息制限法により上限が定められています。

  • 元本の額が10万円未満の場合……年20%
  • 元本の額が10万~100万円未満の場合……年18%
  • 元本の額が100万円以上の場合……年15%

この法律があることによって、借りる側が一方的に不利にならないようにしているのです。

しかし個人間融資ではありえないほどの高い金利を設定されてしまうことも。

個人だからこそ、相手を脅すことによって違法な金利を設定してしまえるのです。

個人間融資では年109.5%までの金利が認められている

消費者金融の金利が上限20%に対し、個人間融資は上限が109.5%となっています。

これは出資法により定められた正式な数字です。

実際に10万円借りて1年後に返す場合の支払い額を比べてみましょう。

消費者金融(金利18%)の場合 118,000円
個人間融資(金利109.5%)の場合 209,500円

支払い額の差は91,500円です。

1年間で返済額が約2倍近くにまで大きくなってしまうのが個人間融資なのです。

つまり違法じゃなかったとしても高金利なわけですね。

個人間融資を利用する人は、消費者金融や周りの人からお金を借りられずわらをもすがる思いでやってくることが多いです。

その場合多少金利が高かろうが借りてしまいます。

貸す側からしても、少しでも利益を大きくするために金利を高く設定するでしょう。

問題点③詐欺の可能性

個人間融資をしている人の中には、詐欺を行っている人もいます。

融資をする前に保証金の支払いを求めてくるのがその典型。

保証金を支払ったが最後、連絡が取れなくなりお金を借りることもできなくなります。

この保証金狙いの詐欺が、個人間融資では横行しているのです。

問題点④ひととき融資の存在

個人間融資で問題となっているのが、「ひととき融資」の存在です。

ひととき融資とはいったいどういう融資なのでしょうか。

Twitterでもたくさん「ひととき融資」の投稿がみられます。

投稿を見ると、「女性」というワードが目立ちますね。

ひととき融資とは、融資をする代わりに性的な対価を求めるものを指す言葉なのです。

お金を利息なしで貸す代わりに性行為を要求する。

きわめて悪質な個人間融資といえます。

「ひととき」は性行為の隠語であり、「ひととき融資できますよ」「ひとときでもいいですか?」などの書き込みも多くみられました。

一度ひととき融資を利用してしまえば、悪循環から抜け出せなくなる可能性が高いです。

性行為に応じないなら利息を増やす、個人情報や裸の写真をばらまくといって要求がどんどんエスカレートしていきます。

逆らうことができずに、負のループにハマってしまうわけですね。

問題点⑤警察が介入しづらい

個人間融資はあくまで個人のやりとりで行われるもの。

そこで問題が発生したとしても、個人間のトラブルと扱われてしまいます。

詐欺やひととき融資などの悪質なものであれば警察も動いてくれますが、普通は介入しづらいのが個人間融資なのです。

掲示板やSNSが責任を負うことは当然ありません。

個人間融資ってこんなに怖いことだったんだ!

個人間融資には闇が多いです。

かなりのリスクが伴うことを知っておきましょう!

個人間融資の相手が闇金業者の場合も

個人間融資,男性,闇金

個人だからこそトラブルに発展しやすいのが個人間融資です。

しかしそもそも取引の相手が闇金業者の可能性もあります。

頼る相手がおらずお金に困っている、闇金業者からすれば格好の餌食となってしまうわけです。

個人間融資で相手が良い人かどうかを完全に見分けることはできません。

個人だと思っていたら闇金業者だった、ということはよくあるのです。

闇金業者に当たってしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。

返せないほどの法外な利息を押し付けられる

闇金業者は、法外な金利設定と貸付期間の短さが特徴です。

「トイチ」という言葉があります。

10日間で1割の金利を表す言葉であり、10万円借りると10日で1万円の利息が発生することとなります。

つまり1年間での利息は365万円、金利で表すと年365%です。

なかには10日間で5万円の利息が発生する「トゴ」なんてものも。

脅迫めいた取り立て

法外な金利によって、返済は難しくなります。

返済期限が過ぎれば当然「早く返せ」と迫られることに。

お金を借りる際に個人情報として住所や電話番号を送っていれば、家に押しかけてきたり脅迫めいた電話がかかってきます。

職場にまでやってくることもあるでしょう。

ほかにもさまざまなトラブルにつながる

闇金業者を利用すれば、業者間で情報が共有されほかの闇金業者からも連絡が来ます。

「コイツはお金をだまし取れる」と思われ執拗に迫られてしまうのです。

押し貸しの被害にあう可能性もあります。

押し貸しとは、融資すると言っていないのに勝手にお金が振り込まれ利息の支払いを要求されるというもの。

貸し付けを押し付けられてしまうのです。

場合によっては、返さないのなら手伝えと犯罪行為への加担を強要されてしまうことも。

個人間融資で悪質な業者にひっかからないために

悪質な業者に引っかからないために何ができるのでしょうか。

まず電話番号や業者名を明らかにしている相手には近づかないようにしましょう。

情報を出しても足がつかない自信がある、プロである可能性が高いです。

お金をプレゼント、利息なしといった甘い言葉にも惑わされてはいけません。

また、口座番号や名義は教えても、暗証番号は絶対に教えないようにしてください。

相手の情報を調べることも忘れないようにしましょう。

名前やメールアドレス、電話番号などを検索すれば、過去に被害にあった方が危険だと書き残しているかもしれません。

なんにせよ100%見抜くことは不可能なのが現状です。

個人間融資を使わないのが一番の安全策でしょう。

闇金業者を見抜けないの?

100%見抜くことはできません。

絶対に引っかからない方法は個人間融資を利用しないことただ1つです!

個人間融資で被害にあってしまったら

個人間融資,男性,弁護士

すでに個人間融資で被害にあった、もしくは今まさに被害にあっている方もいるかもしれません。

個人間融資で被害にあってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

個人情報を送ってしまったのなら警察

個人間融資でトラブルが発生したとしても、自己責任とされてしまうケースが多いです。

よほど悪質な相手出ない限り警察が動いてくれることはないと思いましょう。

しかし個人情報を送ってしまっていて相手と連絡が取れない、お金が借りられないときは警察へ連絡してください。

相手が犯罪行為をしていれば警察も助けてくれますよ。

専門家を頼ろう

法外な金利を要求されたりお金をだまし取られた場合は弁護士などに相談しましょう。

相手は個人間融資で何度も同じことを繰り返してきたプロです。

素人がかなう相手ではありません。

自分ひとりで抱え込まないようにしてくださいね。

約束は絶対に守ること

個人間融資では、「○○日までに返済する」と約束を交わすものです。

もしも返済日にあなたがお金を返せていないのなら、責任があるのはあなたになってしまいます。

相手を責めることは難しく、むしろ訴訟を起こされることもあるかもしれません。

約束は守る、これが大前提だと肝に銘じておきましょう。

被害にあったらすぐに誰かに相談だね!

知り合いや家族ではなく、警察や専門家の方を頼ってくださいね。

個人間融資は使わない

個人間融資はトラブルにつながりやすい取引です。

お金を貸す側が圧倒的に有利となってしまう構図、警察が介入しづらいという現状、かなりリスクのある借り方といえます。

相手が良い人かどうか見分けることはできませんし、そもそも良い人が存在しているかどうかも怪しいものです。

絶対に使わないようにしましょう。

すぐ返すから大丈夫と思ったら大間違い

すぐ返すから大丈夫、と思っている方もいるかもしれません。

ですがその考え方は通用しないのが個人間融資です。

お金を貸す側からすれば、お金を貸すことが目的なのではなく、利息でお金を相手から巻き上げるのが目的です。

つまり相手がお金を返しきること=損となります。

利息を請求するために、あの手この手で返済を邪魔してくることでしょう。

個人間融資は、絶対に利用しないでくださいね。

個人間融資がダメならどうやってお金を借りる?

個人間融資,お金,はてな

個人間融資は、追い詰められた人にとっては救いの光に見えてしまうかもしれません。

しかし助かる方法はほかにもあります。

個人間融資に頼らない場合、どうすればピンチから脱出できるのでしょうか。

方法を4つ紹介します。

  1. 信用できる相手からお金を借りる
  2. 質屋から借り入れる
  3. 不動産担保ローンを使う
  4. 支援を受ける

1つずつ確認していきましょう。

①信用できる相手からお金を借りる

個人間融資を使いたい理由が「周りから知られたくないから」であるなら周りを頼るべきです。

バレたくないからと個人間融資を使ってトラブルになれば、結局1人で抱え込めずに周りに迷惑をかけることとなります。

最悪に事態を避けるためにも、腹をくくって周りを頼りましょう。

家族や友人、頼れる相手から先に頼ってください。

利息や手数料なしで借りられる可能性もあるでしょう。

もちろん人間関係が壊れる危険性はあります。

お金は貸せないと断られることもあるかもしれません。

お金を借りる時は、誠実さをちゃんとアピールしてください。

なぜお金が必要なのか、借用書を自分から用意するなどとにかく誠意をみせるのです。

そうすれば、相手もお金を貸してくれるかもしれませんよ。

②質屋から借り入れる

質屋でもお金を借りることは可能です。

審査はないため、たとえブラックリストに入れられてしまった人でも大丈夫。

ただし、担保となる財産が必要です。

家に価値のある品物がないか探してみてください。

担保として差し出した品物は、お金を返せば戻ってきます。

有効活用できるものがあればぜひとも利用したい手段ですね。

③不動産担保ローンを使う

不動産を担保にして融資を受ける、不動産担保ローンを利用する手もあります。

たとえ信用情報に問題があったとしても、担保となる土地や建物があればOK。

お金がないと余裕もなくなってしまうものです。

すぐに個人間融資に飛びつくのではなく、何かほかの手段がないか一度冷静になって周りを見渡してみてくださいね。

④支援を受ける

世の中にはさまざまなお金に困っている人を助ける制度があります。

利用できるものがないか探してみましょう。

  • 特別定額給付金
  • 子育て世帯への臨時特別給付金
  • 緊急小口資金・総合支援資金
  • 持続化給付金
  • 実質無利子・無担保融資
  • 社会保険料等の猶予
  • 住居確保給付金
  • 生活困窮者自立差横断支援事業
  • 生活保護
  • 傷病手当金
  • 休業手当
  • 雇用調整助成金
  • 小学校休業等対応助成金
  • 小学校休業等対応支援金
  • 企業主導型ベビーシッター利用者支援事業など

個人間融資を頼る前に、まずは利用できる制度がないか調べてみてくださいね。

お金がないとついつい視界が狭まりがちです。

個人間融資しかないと思わないでくださいね。

できるだけ安心して利用できる方法を選びたいね!

まとめ

【個人間融資とは】

  • 掲示板やSNSなどを通じて、見知らぬ他人とお金の貸し借りを行うこと
  • 信用情報に問題があってもお金を借りられる

【個人間融資の問題点】

  • 個人情報が漏れる
  • 違法な高金利
  • 詐欺の可能性
  • ひととき融資の存在
  • 警察が介入しづらい

【個人間融資の相手が闇金業者の場合】

  • 返せないほどの法外な利息を押し付けられる
  • 脅迫めいた取り立て
  • 押し貸しや犯罪行為への加担共用などさまざまなトラブル

【個人間融資で被害にあってしまったら】

  • 個人情報を送ってしまったのなら警察
  • 専門家を頼ろう
  • そもそも約束は絶対に守る

【個人間融資以外でお金を借りる方法】

  • 信用できる相手からお金を借りる
  • 質屋から借り入れる
  • 不動産担保ローンを使う
  • 支援を受ける

何度も言うようですが、個人間融資は使わないのが一番です!

おわりに

個人間融資,女性,笑顔

個人間融資の利用はオススメしません。

かなりリスクの高い行動であり、ほかの方法をとるべきです。

お金がないときこそ冷静に、一度深呼吸をして考えてみてください。

もっと良い方法はないか、個人間融資を利用する必要はないのではないか。

簡単にできてしまうからこそ怖いのが個人間融資です。

未来の自分のためにも、ここはグッとこらえて別の手段を探してくださいね。

個人間融資の恐ろしさがわかったよ……

個人間融資は社会的な問題になっています。

騙されないためにも、利用しないようにしましょう!