イオン銀行口座への振込手数料とATM利用手数料は?

イオン銀行豆知識

「イオン銀行の手数料」として考えられるのはイオン銀行宛てのATM利用や他行宛てのATM利用のように様々な場合について考えられます。存在する全ての場合について実際的な手数料の金額を検証してみようと思います。
まずイオン銀行キャッシュカードによるATM利用に関する手数料を見てみます。例えばイオン銀行宛てにATMを利用しようとすると手数料は無料で済みます。一方で他行宛てにATMを利用するとなると216円の手数料が必要になります。このようにイオン銀行の手数料の特長としてはイオン銀行の身内の中では障壁となる手数料を撤廃して融通を図っているものの、他行宛てに送金などを行う場合には手数料を取り、厳しい態度で臨んでいると言い切ることが可能です。これは他の金融機関についても一般的に当てはまる性質であると考えられます。一方で無料が完全に施行されているのは珍しいとも見ることが可能です。

「イオン銀行の手数料」の手数料の実際的な数値

ATMを利用するに当たって現金の利用の場合にはさらに手数料の範囲が広がります。例えばイオン銀行宛てに現金での振り込みを行う場合には金額により手数料に差別化が図られています。振込金額が50000円未満である場合には手数料は216円、振込金額が50000円以上である場合には432円の手数料が必要になります。これが他行宛てになるとさらに高くなります。他行宛てに5万円未満の現金の振り込みを行う場合、手数料は432円になり、5万円以上の現金の振り込みを行う場合648円の手数料が必要になります。このように現金の振り込みという行為に関しては手数料が高めに設定されていると考えることが可能です。一方で他行宛ての方が要求される手数料が高めになるという性質はここでも適用されているので、その点では公平公正であると明言することが可能になります。
「イオン銀行ダイレクト」というインターネットバンキング・モバイルバンキングを利用するに当たってはイオン銀行宛ての場合と他行宛ての場合においてやはり手数料が異なってきます。イオン銀行宛てに振り込みなどを行う場合には無料でこのサービスを利用することが可能になります。一方で他行宛てに振り込みなどを行う場合には216円の手数料が必要になります。このようにインターネットバンキングにおいても他行宛てに対する区別化は進められており、インターネットバンキングを利用する上ではその点にも注意して振り込みのような行為を行う必要があります。

振込手数料が別途かかる

振り込みに関しては「振り込み関連手数料」というジャンルでの手数料が必要になります。これは振り込み組戻手数料や振り込み変更手数料というような料金としての名称を与えられており、648円の値段が与えられています。この648円という金額は他の種類の手数料と比較しても少し高めであると明言することが可能で、そういう点から見てもこの関連事務が煩雑であることがうかがえます。
ATMを利用する上でも手数料が必要になります。利用カードとしてはイオンカードセレクトやキャッシュ+デビット、イオンバンクカードやローンカードが挙げられますが、これらの手数料は終日0円であると明言できます。しかし一方でやはり他行宛ての振り込みに対しては別途手数料が必要になる点も見逃すことはできません。手数料が紹介されているWebページには同時にATMで利用が可能であるカードという名称でカードの紹介が行われているのでそちらのサービスも利用することでイオン銀行をより充実に、賢明に利用することが可能になります。

「イオン銀行の手数料」のローン手数料

イオン銀行で取り扱われている住宅ローンについても手数料が必要になります。このサービスを利用する上では確実に知っておくべき知識になるでしょう。
住宅ローンを利用する上では定額型と定率型を知る必要があります。定額型のサービスを利用する場合108000円の手数料が必要になります。一方で定率型のサービスを利用する場合、借入金額の2.16%を手数料として徴収されることになります。最低取扱手数料は21600円になると考えられます。
加えて一部繰り上げ返済手数料は無料です。全額繰り上げ返済手数料については54000円が必要になるのでその点にも注意しておきましょう。
全体的に見て住宅ローンに必要となる手数料は極めて高いと言い切ることが可能です。しかし一方でこれは住宅ローンの規模も非常に大きいからであると分析することもできます。

「イオン銀行の手数料」・まとめ

「イオン銀行の手数料」を考える上ではイオン銀行宛てか他行宛てかについて深く考える必要があります。イオン銀行宛てである場合には多くの手数料が無料として扱われますが、一方で他行宛てに送金などを行うと手数料が必要になってきます。しかしどの金額もそれほど高価ということではないので注意するほどではないかもしれません。
一方で規模の大きい住宅ローンでは手数料の規模も大きくなります。基本的には10万円台となり、その分だけ大きい金額の資金を準備する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました