オリックス銀行カードローンの審査は厳しい?特徴や審査基準を解説!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの審査って厳しいのかな?

これからオリックス銀行カードローンの利用を考えている人はこのように悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、審査は厳しいといわれてます。

ただオリックス銀行カードローンの審査についてよく理解をしておくことで審査通過率はぐっと上がりますよ。

本記事ではオリックス銀行カードローンの特徴や審査の流れ・審査時間について詳しく解説していきます。

オリックス銀行カードローンを申し込もうと考えている人は本記事の内容を理解してから申し込むようにしてくださいね。

オリックス銀行カードローンの審査は厳しい?

落ち込む-悩む-女性

オリックス銀行カードローンの審査は消費者金融と比べると厳しいです。

ただオリックス銀行カードローンだけが審査が厳しいという訳ではなく、銀行カードローン自体の審査が厳しいといわれています。

銀行カードローンの審査が厳しい理由として「反社会勢力に融資をしないため」「多重債務者を無まないため」です。

2018年からは一層審査を厳格にして、徹底をおこなうようになりました。

そのため審査は厳しく時間がかかるようになり、即日融資も不可能になったのです。

オリックス銀行に限らず、銀行カードローンを利用しようと考えている人は消費者金融に比べて審査が厳しいということを覚えておいてくださいね。

銀行カードローンの中では審査が通りやすい

オリックス銀行カードローンは金利が高めに設定されているため、他の銀行カードローンに比べると審査が通りやすいです。

カードローンの金利と、審査基準は強い相互関係にあります。

一般的に、金利の低いカードローンは審査が厳しくなっています。

なぜなら、金利が低いということは、それだけ支払われる利息が少ないということで、「貸し倒れリスク」に対するリスクヘッジができなくなるからです。

金利が高いと、それだけ貸し倒れた時も、貸付元は損失を少なく抑えることができるのです。

そのため、多少返済能力が低かったとしても、審査に通る可能性も。

どうしても銀行カードローンで融資を受けたいと考えている人はオリックス銀行カードローンがねらい目ですよ。

オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローン

金利 1.7~17.8%
限度額 10万~800万円
申込み方法 ネットのみ

オリックス銀行カードローンの金利は「1.7~17.8%」という金利。

大手消費者金融のカードローン金利より下限金利がだいぶ低い設定となっています。

ただし銀行カードローンの中では金利は高めですね。

限度額も800万円という設定で、カードローンの中ではトップクラスに高い金利設定です。

安定した金利と限度額

繰り返すようですが、「1.7~17.8%」という金利は、可もなく不可もなくという設定です。

他の銀行カードローン金利設定と比べると、少し高い上限金利ですが、下限金利の低さが魅力的です。

限度額の高さも相まって、オリックス銀行カードローンは「大口融資」の借り入れに向いた銀行カードローンだと言えるでしょう。

限度額に応じて金利が決まる

オリックス銀行カードローン審査で決められた限度額に応じて、オリックス銀行カードローンで適応される金利も変わります。

契約限度額 借入利率(年)
700万円以上800万円以下 1.7~4.8%
500万円以上700万円以下 3.5%~5.8%
300万円以上500万円以下 4.5~8.8%
150万円以上300万円以下 5.0~12.8%
100~150万円以下 6.0~14.8%
100万円未満 12.0~17.8%

オリックス銀行カードローンの設定金利は改定により、以前より低く引き下げられたのですが、金利引き上げの恩恵を受けることができるのは「100万円以上借り入れた人」のみです。

少額借り入れでは、金利引き上げのメリットを受けることができないのです。

借り換え先にも便利

オリックス銀行カードローンは、公式で「借り換え」を推奨しています。

キャッシングの借り換えとは、キャッシング借入先を変えることで、借入条件の向上を狙うもの。

例えばリボ払い金利で支払うリボ払い手数料が苦しいなら、リボ払いからオリックス銀行カードローンへの借り換え…なんてことも可能なのです。

リボ払いの手数料支払と、オリックス銀行カードローン返済で支払う利息の返済を比較すれば、オリックス銀行カードローン返済のほうが支払いの負担は小さいはずです。

リボ払いの借り換えについて

返済方法は残高スライド方式

オリックス銀行カードローンでの、毎月の返済額を決める「返済方式」は、カードローンとして一般的な「残高スライド方式」です。

残高スライド方式は、借入残高に応じて毎月の約定返済額が変わってくるというもの。

この方式は、返済が進めば進むほど返済の負担が小さくなるものの、元金の返済も止まってしまうため、返済期間が長くなってしまうデメリットがあるのです。

借入残高 約定返済額
30万円以下 7,000円
30万円以上50万円以下 10,000円
50万円以上100万円以下 20,000円
100万円以上150万円以下 30,000円
150万円以上200万円以下 35,000円
200万円以上250万円以下 40,000円
250万円以上300万円以下 45,000円

この約定返済額はあくまで最低返済額なので、これ以上のお金を上乗せして返済してもまったく問題ありません。

オリックス銀行の口座がなくても借り入れ可能

銀行カードローンの多くは、特定の銀行口座を持っていないと、申込みすらできないなんてものも多いです。

しかしオリックス銀行カードローンは、たとえオリックス銀行に口座を持ってないとしても、問題なく借り入れが可能になっています。

この気軽さが、オリックス銀行カードローン人気の秘訣。

「消費者金融のカードローンは嫌だけど、銀行カードローンはちょっと敷居が高い…」

と思っている方には、テレビCMのとっつきやすさも相まって、人気を集めています。

オリックス銀行カードローンとオリックスカードレスVIPは違う

女性-バツ-だめ

同じオリックスグループのカードローンとして「オリックス銀行カードローン」と「オリックスカードレスVIP」があります。

この2つのカードローンは名前が似ているため、同じに考えてしまう人もいますが実は違うのです。

違いとして「取り扱い会社」が異なります。

オリックス銀行カードローンはオリックス銀行が取り扱っているカードローンです。

一方、オリックスカードレスVIPはオリックス・クレジットという消費者金融が取り扱うカードローン。

商品自体が別物になるということを覚えておいてくださいね。

オリックスカードレスVIPは消費者金融のカードローンであるため、即日融資も可能です。

即日融資を希望の方はオリックスカードレスVIPを検討するのもいいかもしてませんね。

オリックス銀行カードローンの審査基準

スマホ-女性-笑顔

オリックス銀行カードローンの審査基準について詳しく見ていきましょう。

審査される内容は大きく分けて次の通りです。

  1. 属性
  2. 信用情報
  3. 収入面

では見ていきましょう。

①属性

まず申し込んだ人が審査されるのが「属性」です。

属性は、年収や勤務形態勤続年数、居住形態に居住年数など、生活にまつわる情報です。

この生活にまつわる「属性」を審査することで、申し込んだ人の返済能力を審査するのです。

当然、年収が高い方が返済能力が高いと判断されますし、勤続年数が長いと「辞めるリスクが少ないので収入が安定している」と判断されて、審査に通りやすくなります。

属性の審査は、各項目がスコアに直されて、スコアが加点形式で審査されます。

②信用情報

上記した属性の審査よりさらに重要視されるのが、この「信用情報の審査」です。

信用情報とは、信用情報機関という専門機関に集められる、個人の金融情報です。

この信用情報を見るだけで、その人が今まで金融商品とどのような付き合い方をしてきたか、個人の金融リテラシーの高さを推し量ることができるのです。

信用情報を見れば、過去起こした返済遅延も、債務整理の記録も、逆に円滑に返済している記録もすべて調べることができるでしょう。

クレジットカード利用におけるトラブルも審査される

基本的に銀行カードローンの審査でクレジットカード利用記録は関係ありませんが、あまりにもひどいクレジットカード利用トラブルは審査に影響を及ぼします。

というのも、クレジットカード利用で残った信用情報は、CRINというシステムで信用情報機関同士共有されてしまうのです。

消費者金融、銀行キャッシング、クレジットカード、とそれぞれの記録ごとに異なる信用情報機関が存在しますが、それぞれの情報は情報機関同士で交換しているというわけですね、

③収入面

キャッシング審査で気になるのが「収入面」でしょう。

収入が高いほど、返済能力が高いとみられることはお伝えした通りです。

しかしオリックス銀行カードローンは、アルバイト収入であっても審査に通るほど、収入に関する審査基準が柔軟です。

オリックス銀行カードローンの審査で重要視されるのは、「どれだけ多くの収入をもらっているか?」ではなく、「安定した収入を毎月もらっているか?」ということなのです。

オリックス銀行は審査で「返済能力を有しているか?」を調べる

ここまでの情報を総括すると、つまりオリックス銀行は審査において申し込んだ人の返済能力について調べているということがわかるでしょう。

カードローンを貸し付ける側にとって、返済能力の低い人にお金を貸すのはリスクです。

貸したお金が返ってこない「貸し倒れ」の状態というのは、それだけで大きな損失になってしまうからです。

オリックス銀行は、少しでもお金を貸し倒れるリスクを減らして、お金を貸し付けたいと思っているというわけです。

オリックス銀行カードローンの審査時間

スマホ-女性-笑顔

オリックス銀行カードローンの審査について気になるのが、「オリックス銀行カードローンの審査にかかる時間」です。

オリックス銀行カードローンのような、銀行カードローンは審査に時間がかかってしまうと言われていますが、実際そこのところはどうなのでしょうか。

現在の銀行カードローン審査は時間がかかる

以前より銀行カードローンの審査には時間がかかると言われていましたが、最近の銀行カードローンはさらにその特徴が顕著です。

銀行カードローン利用者の多くが自己破産したことなどが理由で、国から以前より銀行カードローンの審査を慎重に行うようにと通達が出されてしまいました。

オリックス銀行カードローンのような銀行カードローン審査では、まず「警察のデータベース照合」を義務付けられています。

これにより、オリックス銀行カードローンは以前にもまして、審査に時間がかかるようになってしまいました。

審査には一週間かかる場合もある

オリックス銀行カードローンの審査にかかる時間は、その人の条件などにより変わるので、一概にこうだと言うのが難しいです。

しかし人によっては、審査結果が出るまでに一週間かかったなんて意見が出ているほどです。

お金の借り入れを急いでいる人にとって、審査に一週間かかるというのは、かなりの痛手ですよね。

オリックス銀行カードローンは、「スピードキャッシング」という観点では、少し弱いと言えるでしょう。

仮審査と本審査に別れたオリックス銀行カードローン審査

オリックス銀行カードローンの審査では、まず申し込み直後に行われる仮審査と、仮審査が通った後行われる本審査のフェーズに分かれています。

オリックス銀行カードローン審査では以前にもまして、この仮審査と本審査いずれも時間がかかるようになってしまいます。

消費者金融のカードローン審査ならもっと簡易的な審査が行われるなどの理由で、即日審査に即日融資など、審査に時間がかからない仕組みが出来ているというわけです。

どのカードローンが即日振込に対応しているのか?

本審査の最後に在籍確認がある

ちなみに、本審査の最後の段階で、申し込んだ人の職場への確認電話がかけられます。

つまり、端的に言えば「在籍確認をクリアすれば、オリックス銀行カードローンの審査通過」ということですね。

オリックス銀行カードローンの審査に通るためのポイント

審査-いいね

次にオリックス銀行カードローンの審査に通るためのポイントについて解説していきます。

ポイントは次の5つです。

  1. 申込情報の誤りをなくす
  2. 別カードローンと同時申し込みは避ける
  3. 他社カードローンを繰り上げ返済しておく
  4. 在籍確認の対策を行う
  5. 提出書類の準備をしておく

では順番に見ていきましょう。

①申込情報の誤りをなくす

まず、基本中の基本なのが、「オリックス銀行カードローンへの申込み情報の誤りをなくす」というものです。

多少の間違いなら、オリックス銀行が情報の整合性を確かめてくれますが、あまりにも派手な間違いは「嘘」と取られかねません。

当然嘘をついたとなれば、オリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまうことでしょう。

②別カードローンと同時申し込みは避ける

信用情報には、カードローンの申し込み記録から残ります。

申し込み記録が、様々なカードローンへの申し込みで多岐にわたっていると、それだけ「お金に困っている」と判断されかねません。

つまり、審査に落ちやすくなってしまいます。

オリックス銀行カードローンの審査に通りたいと思ったなら、オリックス銀行カードローン一本に絞った申し込みをおすすめします。

③他社カードローンを繰り上げ返済しておく

他社借入件数、他社借入金額は、オリックス銀行カードローン審査においてとても重要な審査基準です。

少しでも、他社借入金額と他社借入件数を少なくしておいたほうが、オリックス銀行カードローンの審査通過率は上がります。

オリックス銀行カードローンの審査をクリアしたいと思うなら、多少無理してでも、他社借入を減らしておくことをおすすめします。

④在籍確認の対策を行う

在籍確認も重要な審査基準です。

在籍確認は、オリックス銀行の保証会社から、申し込んだ人の職場へとかかってくる確認電話です。

この確認電話において、実際に職場に在籍している確認が取れてようやく、オリックス銀行カードローンの審査クリアとなるのです。

在籍確認は個人名でかかってきて、申し込んだ人が席を外しているなど、会社に在籍している確認さえ取れれば無事在籍確認は終わりとなります。

ですが、在籍確認を受けた人の何割かは、この在籍確認が取れずオリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。

例えば、大企業に勤めているので社員が把握できてない、または個人名でかかってくる電話を怪しんで、在籍確認がとれないなど、在籍確認が取れないケースもいくつか考えられます。

⑤提出書類の準備をしておく

オリックス銀行カードローンの契約で必要な書類は大きくわけて2つ。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

これらのうち、収入証明書は審査の過程で必要ないと思われたら提出しなくて良いものですが、本人確認書類は絶対に必要です。

これらの書類の準備は、あらかじめしっかり行っておき、オリックス銀行カードローン契約を不備なく行ってください。

運転免許証やパスポートなど、写真のついた本人確認書類が一番望ましいです。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちたら消費者金融がおすすめ

女性-指をさす-スーツ-OL

オリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまったら他のカードローンを考えなくてはなりません。

オリックス銀行カードローンの保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」「新生フィナンシャル株式会社」の2社です。

審査通過率を上げるためにもなるべく保証会社は被らないように申し込むと良いですよ。

オリックス銀行カードローン審査に落ちた人は次の消費者金融に申し込むことをおすすめします。

  • アイフル
  • SMBCモビット
  • アコム
  • プロミス
  • ダイレクトワン

では順番に見ていきましょう。

アイフル

金利 年3.0~18.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長8年10ヶ月(106回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

アイフルは保証会社がついておらず、独自の審査基準で審査をおこなっています。

そのためオリックス銀行カードローンに落ちてしまった人は、特にねらい目の消費者金融といえるでしょう。

またオリックス銀行カードローンは融資までに1週間ほどかかって今いますが、アイフルであればスピード融資が可能です。

融資スピードは最短1時間といわれており、今日中にお金が必要と考えている人にもおすすめのカードローンといえるでしょう。

上限金利は18.0%とオリックス銀行に比べて0.2%高いですが、「最大30日間利息0円」といったサービスも魅力的です。

消費者金融の中でも安心して借り入れできるカードローンなので、オリックス銀行カードローン審査に落ちてしまった人は検討してみて下さいね。

⇒アイフルの審査は甘い?審査基準と落ちる人の特徴を徹底解説!

SMBCモビット

カードローン,学生,SMBCモビット

金利 年3.0~18.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

オリックス銀行カードローンでは電話の在籍確認が必須ですが、SMBCモビットであれば電話での在籍確認は不要です。

またWEBで申し込みから契約まで一貫して行えるのはありがたいポイントですね。

消費者金融を借りるのであれば、「会社や家族にばれたくない…。」そう考えている人も多いはず。

バレずにカードローンを利用したいと考えいているのであれば、オリックス銀行カードローンよりもSMBCモビットを利用することをおすすめします。

⇒SMBCモビットの審査は厳しい?審査のポイントと落ちる人の特徴!

アコム

金利 年3.0~18.0%
限度額 最大800万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間 最長9年7ヶ月(100回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

アコムはCMでも話題の消費者金融で人気を集めていますよね。

アコムの特徴は圧倒的にサポート体制が充実しているという点があげられます。

特に初めて融資をおこなう人に対してのサポートが充実しており、24時間365日電話で困ったことを相談できるんです。

オペレーターの対応も良いと話題ですね。

オリックス銀行カードローンを利用するのもいいですが、はじめて消費者金融を利用するのであれば相談しやすい環境が整っているアコムを利用すると良いでしょう。

⇒アコムの審査は甘い?落ちる人の特徴と対策方法を徹底解説!

プロミス

金利 年4.5~17.8%
限度額 最大500万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長6年9ヶ月(80回)
担保・連帯保証人 不要
WEB完結
審査 最短30分
融資 最短即日

プロミスは2021年度オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」を獲得しています。

カードローンの中でも利用者満足度が高いことが分かりますよね。

またオリックス銀行カードローンと同じく残高スライド元利定期返済方式であるため、無理なく返済が可能です。

「お金は借りたいけど、返済の負担はなるべく減らしたい…」と考えている人におすすめですよ。

毎月の返済の負担を減らせますので、家計にも優しい消費者金融といえるでしょう。

他にもカードレスに対応していますので、利便性が良いです。

どのカードローンを利用すればいいか迷っている人はプロミスを検討してみてくださいね。

⇒プロミスの審査は甘い?審査通過のコツや落ちる人の特徴を解説!

ダイレクトワン

金利 年4.9~18.0%
限度額 最大300万円
遅延損害金 年20.0%
返済方式 定額リボルビング方式
返済期間 最長5年(60回)
担保・連帯保証人 不要
審査 最短即日
融資 最短即日

ダイレクトワンはスルガ銀行グループのカードローンです。

消費者金融のため、銀行カードローンに比べて審査が甘い傾向があります。

ダイレクトワンは保証会社がないため、「別のカードローンに落ちてもダイレクトワンの審査には通った!」なんてこともよくある話です。

オリックス銀行カードローンに比べると限度額は低くなってしまいますが、おすすめできるカードローンといえるでしょう。

⇒ダイレクトワンの審査は甘い?口コミからわかるメリット・デメリット

【まとめ】オリックス銀行カードローンについて理解してから審査を申し込もう

女性-笑顔-うれしい

今回はオリックス銀行カードローンの審査基準にくわえ、審査にかかる時間について詳しく説明しました。

オリックス銀行カードローンは使いやすく知名度も抜群の優秀なカードローンですが、事前に受ける審査をクリアしないとオリックス銀行カードローンを使った借り入れはできません。

オリックス銀行カードローンの利用時には、あらかじめしっかりオリックス銀行カードローンの審査について詳しく情報を集めておくことをおすすめします。