専業主婦がカードローンで借りられる限度額は?主婦の疑問を解決

専業主婦

専業主婦だってカードローンを利用してお金を借りたいときはあるもの。

実際審査で認められさえすれば、専業主婦でもカードローンでお金を借入可能なのです。

しかしカードローンには、借入可能な設定金額「借入可能限度額」があります。

返済能力が低い人は、この限度額設定が低く抑えられてしまうもの。

具体的に、専業主婦はカードローン限度額がどれくらいの設定になるのか?

専業主婦が借りられるカードローンの限度額について、今回は調べていきましょう。

専業主婦のカードローン限度額は「返済能力」で決まる

専業主婦に限った話ではないですが、設定されるカードローンの限度額は審査で返済能力を調べて決定します。

審査で認められる返済能力が高ければ高いほど、借入可能限度額も高くなります。

専業主婦は、配偶者の収入で生計を立てている…という時点で返済能力は一定以下であることは言うまでもありません。

つまり、あまり限度額の高さは期待できないということですね…。

専業主婦ならそもそも消費者金融のカードローンで借りられない

専業主婦はそもそも、利用するカードローンの選択肢が限られてしまうのです。

配偶者の収入をあてにした状態では、カードローンの代表格、「消費者金融カードローン」を利用することができません。

限度額云々ではなく、専業主婦では消費者金融からお金を借りられない…ということですね。

専業主婦は総量規制の制限を受ける

消費者金融など貸金業者は、貸金業法の「総量規制」による制限を受けてしまいます。

総量規制の制限を受けるキャッシングは、利用者の年収をもとに借入可能限度額が決まります。

収入がゼロの専業主婦は、借入可能限度額も自動的にゼロになってしまいます。

働く主婦なら消費者金融のカードローンで借入可能

これがアルバイトなど、多少なりとも収入がある主婦なら、消費者金融からお金が借入可能になります。

週2,3のアルバイト収入では、消費者金融のカードローンでも限度額が10万円程度かもしれませんが、借りやすい消費者金融カードローンが利用可能です。

もちろん、銀行のカードローン、信販会社のカードローンなど、様々なカードローン利用可能となります。

選択肢がぐっと広がりますね。

専業主婦は銀行カードローンで借入可能

専業主婦がカードローンを利用しようと考えたなら、選ぶのは「銀行カードローン」となります。

銀行カードローンは、消費者金融より金利が低く、設定可能限度額も高いです。

話をきくと、消費者金融のカードローンを利用できない専業主婦が利用できるなんて…?

とおもってしまいますが、どうして専業主婦は銀行カードローンを利用可能なのでしょうか。

銀行カードローンは総量規制の制限を受けない

銀行カードローンは、貸金業法の制限を受けません。

銀行は貸金業者ではないからです。

つまり、年収で限度額が決まる「総量規制」の制限を受けないということですよね。

配偶者の収入で暮らす専業主婦でも、銀行カードローンを利用してお金を借り入れることができる、というのはこれが要因です。

専業主婦が借りられるカードローン限度額は「10万円~30万円」程度

具体的に、配偶者が利用できる銀行カードローンの種類と、それぞれの銀行カードローンで設定される限度額を表でみてみましょう。

銀行カードローン 上限限度額
みずほ銀行カードローン 30万円
三菱UFJ銀行カードローン 30万円
楽天銀行カードローン 50万円
ソニー銀行カードローン 50万円
イオン銀行カードローン 50万円

専業主婦が利用できる銀行カードローンでも、最大で50万円までの借り入れとなってしまいます。

このなかでも審査で限度額が制限されることがほとんど。

一般的な会社員の夫を持つ専業主婦なら、設定される借入限度額は10万円~30万円だと考えておきましょう。

配偶者の収入をあてに借り入れると限度額が低い

専業主婦がカードローンを申し込むと、審査は配偶者の収入をあてにして行われます。

本人の収入ではないため、その分返済能力は低いと判断されてしまうので、審査に通っても限度額は低いのです。

専業主婦では審査に通らない可能性もあることを十分承知の上、カードローンの申込みを行ってください。

カードローンの審査で見られる内容

そもそも、カードローンの審査でみられるのはどんな内容なのか。

カードローン審査で重要視される要素を調べて、専業主婦の限度額のヒントを見つけましょう。

属性

カードローン審査でまず重要になるのが、「属性」です。

属性は、申し込んだ人の直接的な返済能力です。

もらっている収入、働いている場所、年齢、居住形態など、生活水準がこの「属性」の審査で見られます。

属性の審査は、各項目がスコアに直されて審査されます。

最終的なスコアが高いほど、属性の審査に通りやすいということです。

信用情報

カードローンの審査で大切なのが「信用情報」です。

信用情報は、利用者が現在、過去にキャッシングやクレジットカードと関わってきた記録。

この記録を審査して、利用者の返済能力を調べるのです。

信用情報には、個人が「返済を期日内に行ったか」「キャッシングの申込み記録が多くないか」などの記録が具に残っています。

在籍確認

在籍確認も重要なカードローン審査の一貫です。

在籍確認とは、消費者金融や銀行から申し込んだ人の職場にかけられる「確認電話」です。

この確認電話で在籍が確認できないと、カードローン利用可能にはなりません。

とはいえ、専業主婦はどの会社にも在籍していないため、専業主婦への在籍確認は「本人の電話番号」にかかってくるのが一般的です。

これなら、夫にカードローン利用がバレることはないのです。

後でカードローン限度額増額申込みが可能

カードローン審査が終わり、審査結果により限度額が定まった後から「限度額増額申請」が可能です。

最初に指定された限度額が低かったとしても、この限度額増額申請が通れば、増額審査で認められた分だけ限度額が上がります。

限度額増額方法は、それぞれのカードローンごとに異なります。

増額審査は初期審査より厳しい

限度額増額時に気をつけておきたいのは、「限度額増額申請後の審査は、初期審査より厳しい」ということです。

限度額を増額したいということは、すでにカードローンを利用している最中だということ。

そして、「限度額を上げたい」ということは、現在お金に困っていることの表明です。

消費者金融や銀行は、「お金に困っている」と言っている人に対して、もっと多くのお金を貸すのを渋ります。

当然のことかもしれませんが…。

そんな疑いの目線で行われる増額審査、審査基準は厳しくなっても仕方のないことかもしれません…。

専業主婦におすすめの銀行カードローン

具体的に、専業主婦が利用しやすい銀行カードローンをいくつか紹介します。

専業主婦が実際に借り入れる際の参考にしてください。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 1.8~14.6%
限度額 最高500万円
審査 最短翌営業日
融資 最短翌営業日

専業主婦にまずおすすめなのが「三菱UFJ銀行カードローン」です。

三菱UFJ銀行をメインバンクとして利用している人も多いでしょうから、この三菱UFJ銀行カードローンで借り入れにハードルを感じない人も多いはず。

銀行内のATMコーナーにテレビ窓口という、カードローン契約機が設置されているのが嬉しいポイントです。

三菱UFJ銀行カードローンの会員ページを利用!ログインする方法は?

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 最高800万円
審査 最短翌営業日
融資 最短翌営業日

三菱UFJ銀行と同じくメガバンクの「みずほ銀行」のカードローンもおすすめです。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っていれば、キャッシュカードを使ってカードローンが利用可能になります。

みずほダイレクトに登録シていれば、WEBサービスも利用できるのもおすすめです。

どんな人がみずほ銀行カードローン審査に通るのか?審査対策も紹介

専業主婦が発行できるクレジットカードがある

専業主婦が「カードローンでお金を借りたい」と思うのは、現在お金に困っているからのはず。

お金に困っている方におすすめなのが、クレジットカードの活用です。

クレジットカードを持っていれば、多額の現金を持っているのも同じ。

現金を手に入れるための「キャッシング機能」は使えないことが多いですが、なんらかの「支払い」ならばクレジットカードで事足りることがほとんどです。

専業主婦でも作れるおすすめのクレジットカードを紹介します。

楽天ピンクカード

楽天カードが新規に作ったのが、この楽天ピンクカードです。

専業主婦でも「年会費無料」「入会金無料」で簡単に作れるのが嬉しいポイント。

楽天カードのポイント還元率など基本性能はそのまま、専業主婦がうれしいサービスが追加されています。

楽天カードを使えば、利用者の満足度が高いことも納得するはずです。

エポスカード

マルイが発行する、このエポスカードも専業主婦におすすめのクレジットカードです。

ポイント還元率や、その他基本性能はそこまで際立ってお得な部分がないものの、マルイで割引を受けられるなど特定店舗で優待を受けられるのがエポスカードのメリットです。

即日発行にも対応しているので、最初に持つクレジットカードとして気軽に利用することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

専業主婦がカードローンを利用した際の限度額について、今回は説明しました。

まとめると、だいたい専業主婦が銀行カードローンに申し込んだ時、「10万円~30万円」程度の限度額だと思っておいて間違いないとおもいます。

タイトルとURLをコピーしました