専業主婦でもお金を借りたい!どこから借りればいいの?

専業主婦

キャッシングについて多少詳しい人なら、「専業主婦がキャッシングを利用するのは難しい」ことを知っているのではないでしょうか。

確かに、本人に安定収入がない専業主婦は、多くのカードローンなどのキャッシングでそもそも「申込み資格がない」状態です。

収入がないだけで、金融機関からは「無職」同然の扱いを受けるので、お金をかりるのがかなりお難しくなります。

正社員は、毎月安定した収入があるので、毎月訪れるキャッシングの返済にも対応することができます。

対して専業主婦は、毎月の返済に応じる収入がない状態。

これでは、カードローンでお金を借りるのはかなり難しそうですが…?

専業主婦でも銀行カードローンでお金を借りることができる

専業主婦でも、カードローンを使ってお金を借り入れることができます。

しかし借入先に制限もあり、利用できるのは銀行カードローンのみとなります。

銀行カードローンは総量規制の対象外

なぜ銀行カードローンは専業主婦でも借入可能なのか?

それは、銀行カードローンが「総量規制の対象外」だからです。

総量規制は年収で借入額に制限がかかる法律。

年収がゼロということは、総量規制で借入可能額もゼロということです。

銀行カードローンは、貸金業法の制限を受けないので、専業主婦でも利用可能…というわけですね。

銀行カードローンの中には即日融資に対応したものも?

銀行カードローンにはメリットが多いです。

総量規制の対象外であるだけでなく、消費者金融のカードローンと比べて金利も低く、設定可能最大限度額も高めです。

条件の良い借り入れが可能なだけでなく、銀行カードローンによっては条件を満たして即日融資をうけられるものもあるのです。

銀行カードローンは審査、融資に慎重になって即日買い入れが難しくなっているものの、チャレンジしてみる価値はあります。

即日融資で借りられるカードローン!今日中に借りれる?

ネット銀行カードローンなら夫にカードローン利用がバレない

特にネット銀行のカードローンなら、借り入れにカードが必要ない場合も多いので、夫にカードローン利用がバレないことが多いです。

ネット銀行は都市銀行、地方銀行よりサービスに気を使っていることが多いので、専業主婦でも借り入れることができるカードローンを提供しているところが多いです。

夫にバレないでカードローンを利用したいなら、ネット銀行のカードローンを利用して借り入れを行いましょう。

配偶者貸付は提出書類が多く借入先も限られる

さきほど、専業主婦は消費者金融のカードローンを利用できないとお伝えしました。

しかし、ある制度を使うことで、専業主婦でも消費者金融のカードローンを利用することができます。

その制度とは「配偶者貸付」。

配偶者貸付制度を利用してお金を借り入れることで、専業主婦でも消費者金融のカードローンを利用することができます。

しかし、配偶者貸付制度でお金を借り入れるには、

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類
  • 一定以上の借り入れには収入証明書

がそれぞれ必要です。

これだけの準備をしてまで、配偶者貸付制度でお金を借り入れるメリットは多くないのでは…と私なんかは思ってしまいます。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

具体的に、専業主婦が利用可能なおすすめのカードローンをいくつか紹介します。

お金を借りたい専業主婦はぜひ参考にしてください。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.5%
限度額 最大800万円
特徴 ・楽天が運営する安心感
・楽天会員なら審査優遇される

楽天銀行カードローンは専業主婦でも借りやすいカードローン。

普段から楽天のサービスをよく利用している…なんて方も多いのではないでしょうか。

楽天銀行カードローンは、借り入れと返済でポイントが貯まるのもうれしいポイントです。

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 最大800万円
特徴 ・都市銀行のカードローン
・キャッシュカードで借入可能

みずほ銀行カードローンのメリットはやはり「低金利さ」と、みずほ銀行口座を持っていると便利に使えるサービスです。

みずほダイレクトに登録しておけば、ネット上で借入残高を確認できるサービスも利用できます。

現在すでにみずほ銀行口座を持っている専業主婦なら、ぜひみずほ銀行カードローンでの借り入れを検討してください。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 1.8~14.5%
限度額 最大500万円
特徴 ・都市銀行のカードローン
・銀行内にテレビ窓口(無人契約機)がある

三菱UFJ銀行カードローンも低金利と安心感を両立している銀行カードローン。

銀行内のテレビ窓口からカードを発行すれば、家に借り入れカードが郵送されないので夫バレを防ぐことができるのです。

銀行カードローンのなかでは比較的審査と融資に時間がかからないこともあり、借り入れに急いでいる専業主婦におすすめです。

専業主婦がカードローンでお金を借りる前に

専業主婦がカードローンでお金を借りようと思った際に、気をつけておくべき注意点があります。

しっかり事前に、カードローン利用時の注意点を覚えておいて、専業主婦の借り入れをよりスムーズにしていきましょう。

なんとかカードローン以外でお金を借りる方法を探す

カードローンは本来、そう簡単に使って良いものではありません。

お金が足りない時の最終手段、それがカードローンです。

カードローンを使ってお金を借り入れるその前に、「カードローンを利用する以外の手段は本当に残されてないのか」もう一度考えてみてみましょう。

カードローンは、返済を強いられる、変死が遅れると信用情報に記録が残りあとの人生で悪影響を受ける…などリスクも孕んでいます。

今一度、カードローンを利用しないでお金を調達できないか、方法を模索してみましょう。

その後、カードローンを利用するとしても事前にしっかり比較してください。

返済が遅れるリスクを注意する

カードローンでの借り入れは本当に簡単です。

カードローンによっては、申しこみから借り入れまでの手続きが即日終わる…なんてことも。

最近は、スマートフォン上の手続きだけで借り入れを完結することができるカードローンも増えています。

しかしそれに反するように、借り入れたお金の返済は難しいです。

借り入れた元金の返済に加え、金利で割り出された利息を支払うのはただただストレスです。

借り入れを考えた専業主婦は、借り入れたお金の返済についても、前もってしっかり考えておくことをおすすめします。

専業主婦が借りられる限度額は低い

専業主婦がたとえカードローンを利用可能になってとしても、借り入れ可能な限度額は低いです。

限度額は返済能力の高さに比例して高くなるため、本人に支払能力がない専業主婦は必然的に限度額が低くなるのです。

専業主婦は、カードローン審査に通ったとしても、限度額設定は「10万円~30万円」程度になることを覚悟しておいてください。

専業主婦がカードローンで借りられる限度額は?主婦の疑問を解決

専業主婦が発行できるクレジットカードで凌ぐことも可能

専業主婦でお金が必要なら、専業主婦が発行できるクレジットカードを作るのもおすすめです。

イオンカードや楽天カードPINK、エポスカードなど、専業主婦がすぐ作れる優秀なクレジットカードも多いです。

クレジットカードで支払いを済ませて、現在の金欠を上手に乗り切りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

専業主婦がお金を借りたいと思った時利用できるカードローンの紹介、そしてカードローン利用時の心構えも紹介しました。

専業主婦がカードローンでお金を借りるのは、それなりにリスクもついてくるもの。

カードローンでお金を借り入れるリスクも承知の上、実際に借り入れを行ってください。

タイトルとURLをコピーしました